2009.04.30

今更ながら50年代のフィルハーモニア管のクオリティの高さに脱帽

 昨日は良い天気の行楽日和でしたね。私はといえば、自宅で静養しながら雑用をしておりました。来週はラ・フォル・ジュルネのある黄金週間ならぬ「熱狂週間」なので「ウェブラジオ番組表を早めに作っておかないと…」と思い、朝から公式サイトの番組表を翻訳していたのですが、今日はイマイチはかどらなかった…。というか私の知らない作曲家や演奏家の名前が立て続けに出てくると、どうしてもこうなる。海外のクラシック専門局は有名曲ばかり流しているわけでないのだ。中世の音楽から現代音楽まで、「聞きたい人っているのかな…」と思うようなプログラムを、結構平気で流してくる。でもそんなマイナーな曲目に限って、「教えてくれてどうもありがとう」というコメントを読者から頂いたりするのだ。だから気が抜けない。あー全世界のウェブラジオが年がら年中ブルックナーの「交響曲第8番」だけを流してくれたら、番組表作りが今の数百倍楽になるだろうに(苦笑)。

Karajan_emi_vol1  それはそうと(笑)昨日は番組表を作りながら、以前購入したカラヤンのEMIボックス(→HMV)を聞いておりました。2月11日に購入して、今日やっと「Vol.1」の34枚目を聞き終えることができたよママン。でもまだ53枚あるよパパン。

 というわけでカラヤンがフィルハーモニア管弦楽団と録音した50年代の録音を聞いている真っ最中なのですが、このフィルハーモニア管との演奏がどれもこれも名演奏ばかりで、そのクオリティの高さに驚いております。まず何よりフィルハーモニア管がウマイ!草創期のフィルハーモニア管が、あのデニス・ブレインを始め錚々たる名手たちが集うオケだったということは聞いてはいましたが、よもやこれほどだったとは!

Continue reading "今更ながら50年代のフィルハーモニア管のクオリティの高さに脱帽"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.25

シュムスキーのクライスラーに癒されて

Shumsky_kreisler  オスカー・シュムスキーが1980年代に立て続けに録音したクライスラーのヴァイオリン曲集が、先日4枚組CD-BOXという形で再発されました(→amazon.co.uk)。英「グラモフォン」誌の最新号(2009年5月号)でRob Cowan氏が取り上げていたのを見て、わたしは即座に購入を決断、そしてアマゾンのボタンをクリック。自宅に届けられてからはもうずっと聞いてます。

Continue reading "シュムスキーのクライスラーに癒されて"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.04.16

伝説のヴァイオリニスト、カミラ・ウィックス。そして知られざる巨匠、カルステン・アンデルセン

 カミラ・ウィックス(1928年生まれ)といえば、シクステン・エールリングらとの共演によるシベリウス「ヴァイオリン協奏曲」の録音でご存知の方も多いと思います。わたしも韓国EMIによる再発盤で持っています。ただこのCD、聞き始めるとピッチが普通よりも高いようで、どうも落ち着かない。ということで途中で聞くのを止めてしまいそれっきり、という状態です。

Wicks_glazunov で先日CD店をウロウロしていて見かけたのが、ウィックスの過去の放送録音を集めたアルバム(→HMV)。ノルウェー国営放送との共同制作とのことで、そのことを示す「NRK」ロゴがジャケットに印字されています。わたしは毎日のように「NRK」の提供するネットラジオのお世話になってますので、受信料を払うつもりでゲットしました。シベリウスは前述の理由からきちんと聞いてませんので、これが私にとってカミラ・ウィックスを知る初めての機会ということになります。

 でウィックスの演奏なんですが、彼女は類い希なテクニックと、それと比肩する表現力を併せ持った、実に理想的なヴァイオリニストといえるでしょう。なにより1曲目のグラズノフの協奏曲が、本当に惚れ惚れします。しつこさのない、それでいて印象に残るカンタービレと、早いパッセージでの処理のそつの無さ。そして聞いた後には「こんなにグラズノフっていい曲だったっけ!?」という幸福感が残ります。このグラズノフの協奏曲、チャイ・コンやメン・コンほどの知名度はないけど、それなりの頻度では演奏されてるし、わたしも何度か耳にしています。でも「なんかもっさりした曲だなぁ」というか、イマイチ好きになれなかったのですが、この録音はそんなイメージを一新してくれます。曲全体を覆う、大切な何かを秘めたようなロマンティシズムが素敵です。そしてフィナーレ冒頭部のあのトランペット。実に印象的に響きます。

Continue reading "伝説のヴァイオリニスト、カミラ・ウィックス。そして知られざる巨匠、カルステン・アンデルセン"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.14

タローさんサティに行く

 アレクサンドル・タロー(以下「タローさん」)は、コンサートではプログラミングに必ず「ひねり」を加えます。スカルラッティとラヴェル「鏡」を交互演奏したり、クープランと「クープランの墓」をシャッフルしたり、ちょっとイタズラっぽい試みではあります。でもタローさんは、時間を超えて異なるモノを対置させることで起きるケミストリーというか、別の言葉で言えば「マッシュアップ」的な効果を狙っているのでしょう。そして化学反応は実際に起こるわけです。「道化師の朝の歌」の最後の和音が決まった後アタッカでスカルラッティの「ソナタ・ニ短調」(K141)などを弾かれたら、思わず「やられた!」と心の中で叫んじゃいます。

 そのように曲順が織りなす「妙」を表現しようとするタローさんは、きっとクラブのDJをやってもうまくやっていけると思います。

Tharaud_satie  でタローさんの最新作、サティ・アルバム(→amazon/HMV)は2枚組です。1枚目はタローさんのピアノ・ソロ。レーベル面が赤いので「赤盤」ですね。2枚目は他の器楽奏者とのデュオやシャンソンが収録されていて、こちらは白いレーベル面なので「白盤」ということにしましょう。でこの「赤盤」と「白盤」とで印象がすごく違って聞こえるのが、この2枚組の面白いところです。もう少し厳密に聞くと「赤盤」も「白盤」も、どちらもいつも通りのタローさんなんですよ。沈着冷静でさりげなく良い仕事するスマートな人、といった感じのピアノ演奏なのですけど。でもなぜか「赤盤」と「白盤」では印象が違う。

 その理由を考えていくとやはり、「赤盤」と「白盤」のセレクションの「妙」ということに行き着くのではないかと。同時代の作品にインスパイアされた皮肉っぽいタイトルの曲が並ぶ「赤」は、静的なたたずまいというか、ひとり部屋で身を潜めているような感じ。一方シャンソンや映画の付随音楽などが収録された「白」は、ガヤガヤした雰囲気のパリのカフェと「どこでもドア」で直結したかのよう。その対比が、実に面白い。

Continue reading "タローさんサティに行く"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2008.12.30

2008年 このCD&DVDが良かった!

 この10枚です↓

Apex2008

 この積み重ね方に、特に意味はありません。順不同です。上から順にコメントをしていきます。

Continue reading "2008年 このCD&DVDが良かった!"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2008.11.26

リチャード・ヒコックスの仕事について、私なりに振り返る

 先日急逝した指揮者リチャード・ヒコックスについて、もう少しだけ。

Continue reading "リチャード・ヒコックスの仕事について、私なりに振り返る"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.23

カルミナSQの新譜

Carmina_tabe_chamber_music カルミナ四重奏団といえば、90年代DENONレーベルからリリースされた数多くの録音で、日本のファンにもおなじみではないでしょうか。その確かな技術に裏打ちされた深い芸術性は、日本のみならず世界中の愛好家を魅了し、シマノフスキのディスクは1992年「グラモフォン賞」(室内楽部門)を受賞しました。同楽団のアルバムの多くは再発&低価格化され、今でも手軽に入手することが出来ます。個人的な「お気に入り」のシェック「ノットゥルノ」(バリトンのオラフ・ベーアと共演)が廃盤なのが惜しまれるところですが。
 そんなカルミナ四重奏団も音楽不況のあおりを受けたのか、一時期新録音がばったりと途絶えてしまいました。ただ時折ウェブラジオで彼らの演奏に接する機会はあったので(クロスオーヴァー的な活動もやってましたね)、それらに耳を傾けながら、「ああ、スイスで元気にやっているみたいだな」と嬉しく思ったりしていました。
 今年に入って「カルミナQが10年ぶりにDENONとセッション録音!」「しかも田部京子と共演!」という吉報が届き、私は「まだか」「まだか」とリリースを心待ちにしておりました。そしてようやく店頭で新譜(写真:アマゾン/HMV)を目にするや、すかさずゲットしたのですがコレは素晴らしい!何という瑞々しさ!音が華やかなアロマを放っています。しかも気品漂う佇まいも感じられ、実に味わい深い雰囲気であります。それにしても元々が外向的な性格のシューベルト「ます」はともかく、シューマンの「ピアノ五重奏曲」をこれほど「華」のある演奏に仕上げるとは…。意外でもあり、興味深くもあり、ともかく見事です。
 「レコード芸術」誌最新号(2008年6月号)によると、カルミナ四重奏団は今後バルトークなどを録音する計画があるそうですので、今後どんな演奏を聞かせてくれるのか、とても楽しみです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.01.26

木嶋真優の新譜を聴く

Kishima_chaconne_2 ヴァイオリン奏者、木嶋真優の実質的なソロ・デビュー・アルバムが「小品集」になると聞いたとき、私はいささか意外に感じたといいますか、拍子抜けしたといいますか、ともかく「彼女の実力にしては、これまた随分と控えめな…」というのが正直な感想でした。

Continue reading "木嶋真優の新譜を聴く"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.22

オトコの唄に男が惚れて マックス・エマヌエル・ツェンチッチ

 先日YouTubeで動画を探してたら、こんなのを見つけました。

 「セミラーミデ」第2幕、アルサーチェのアリア「かくも酷い災いのさなか」なのですけど、いやこれは衝撃映像でした。スキンヘッドで顎に髭を蓄えた男が、容貌に似合わず超高音のコロラトゥーラを巧みに操るわけですから…。個人的にアルサーチェといえば、かつてMETでこの役を歌ったマリリン・ホーンのイメージが強いわけで、それが脳に染み付いているからこそ、男装した女性歌手(いわゆる「ズボン役」)でなく、男が(しかもスキンヘッドでヒゲ面の男が)この難アリアをいとも容易にクリアしていく様に、吃驚仰天したわけです。

Continue reading "オトコの唄に男が惚れて マックス・エマヌエル・ツェンチッチ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.07

やっぱりxrcdはスゴかった

 今更ながら、xrcdにハマっています。もちろん存在自体は以前から耳にしていましたし、高音質で定評があることも知ってはいました。しかしお値段が通常CDよりも高めであることに若干抵抗感がありましたし、それ以上に「同じマスターからリマスタリングしてるのなら、音質の本質的変化なんて有り得ないよ…」という固定観念が邪魔をしてしまい、今までずっと手を出すことを避けていたのです。しかし最近トスカニーニのアルバム4タイトルがxrcd化され、その音質がネット界のあちこちで絶賛される様子を目の当たりにし、私も意を決して購入してみた次第です。

Continue reading "やっぱりxrcdはスゴかった"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧