« September 2009 | Main | November 2009 »

2009.10.10

ティーレマン シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者に

 指揮者クリスティアン・ティーレマンが昨晩、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団(シュターツカペレ・ドレスデン)の首席指揮者になることを受諾した、とドイツの地元紙が伝えています。

freiepresse.de - Thielemann wird Chefdirigent der Dresdner Staatskapelle

 首席指揮者となるのは2012/03シーズンからだということです。

 ティーレマンについては今年7月、ミュンヘン・フィルとの契約を2011年以降延長しないと発表されて以来、今後のポストに関心が集まっていました。

(参照)Intermezzo - Christian Thielemann is on his way to Dresden

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2009.10.09

ドゥダメルの名を冠したホットドッグはLAの「行列の出来る店」の正式メニューだった!

 いやー、去年ドゥダメル・ドッグをブログで取り上げたときは「これはあくまでお店のプロモーションの一環」と思い込んでいましたから、「本当に『One Dudamel Dog, Please!』とオーダーしないでね」と書いたのですが、どうやらこれは正式メニューだったようです。「Pink's」のメニューに「L.A. Philharmonic Conductor Gustavo Dudamel Dog $6.95」と、ハッキリと記されてるじゃないですか!これは観光客、とくにドゥダメル目当てでLAを訪れた方は絶対「Pink's」に行かんとイカンでしょう。

Dudamel_dog02

 これが「ドゥダメル・ドッグ」。やはり緑のソースはハラペーニョでした。

 さてそんなドゥダメルが指揮する、LAフィル2009/10シーズン最初の演奏会が昨日(現地時間)終わりました。すでに「KUSC」のウェブラジオなどを通じてリアルタイムで耳にした方もおられるかとは思いますが、聞き逃した方は「National Public Radio」(NPR)のほうでオンデマンド配信しているのでどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.04

ドゥダメル&LAフィルの「第九」(追記:明日1日限定でオンデマンド配信)

いま(10/4、午前8時半)ハリウッドボウルでLAフィルのフリー・コンサートをやっているのですが、その模様がネットで生中継されてます。LAフィルの公式サイトから視聴可能です。いまはゴスペルのパフォーマンスをやってますが、締めにドゥダメルが登場して「第九」を演奏します。

(追記)いやぁ、私が所用で外出している間に、twitter界隈がドゥダメルで盛り上がってたみたいですね。まあクラヲタ周辺ではなく、どちらかというと「クラヲタでない人たち」の間で「何なんだこいつ!」みたいな感じで話題になっていたようですが。まあその辺もドゥダメルらしいところではあります。しかしつい数ヶ月前までは、LAではサロネンが渋い演奏を展開していたわけで。アメリカはチャンジするときは、とことんチェンジするんだなぁ、と改めて思い知らされました。

 さて、LAフィルによると、明日ドゥダメルの「第九」が24時間限定オンデマンド配信されるようです。時間はアメリカ西部夏時間の4日午前10時、ということは日本時間の5日午前2時からですね。私もしかと拝見させて頂きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.03

2009年「グラモフォン賞」 発表

 「グラモフォン」誌の公式サイトにアナウンスが出てます。

Gramophone - Quatuor Ebène win Recording of the Year

 リンク先のタイトルにもある通り、エベーヌSQが演奏するラヴェル、フォーレ、ドビュッシーの弦楽四重奏曲のディスク(→HMV)が「レコード・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

 それ以外で目に付くのは…、クーベリックの「トロイ人」がヒストリカル部門で賞を取ってますね。その他の受賞ディスクについてはリンク先をご覧下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »