« オランダ公共放送がオンデマンド配信している海外ライヴが豊富すぎて逆にこわい件 | Main | 第58回ミュンヘン国際音楽コンクール ハープに続いてヴァイオリン部門でも日本から入賞者 »

2009.09.10

「Netherlands Radio 4」の音楽配信でコンドラシン、フルネ、ヒコックス、ハンドリーが聞けます

 前回のエントリが評判だったので、ふたたびオランダ公共放送「Netherlands Radio 4」が提供する音楽配信サービスから、面白そうなものをご紹介。

 前回は番組制作会社「KRO」のサイトから音楽ファイルにたどりつく方法を紹介しましたが、別の方法から過去「Radio 4」で放送されたライヴ中継のアーカイヴを見ることもできます。

Netherlands Radio 4 - Uitzending Gemist

 ここのページから「BIS! (maandag)」という文字列をクリックすると、以下のような画面が出てきます。

Tros_bis01

 「Radio 4」で月曜夜、ヒストリカル音源を放送するプログラム「BIS!」の過去数ヶ月分が、このプレイヤーで聞けます。右の方にある「Meer Afleveringen」と書かれたところをクリックしてみてください。

Tros_bis02

 過去の放送分のリストが出てきます。

Tros_bis03

 ではこのリストから、面白そうな音源をいくつか紹介してみます。

 まずはキリル・コンドラシン指揮コンセルトヘボウ管の1977年のライヴ。バルトーク「管弦楽のための協奏曲」などが聞けます。

 「オケ・コン」は43:30あたりからです。期待通りの爆演です。

 続いてはジャン・フルネの指揮によるレアなレパートリー。ガブリエル・ピエルネの「アッシジの聖フランソワ」です。

 次はリチャード・ヒコックスの演奏。ヴォーン・ウィリアムズ「ドナ・ノービス・パーチェム」やヴェルディ「レクイエム」が聞けます。

 ヴァーノン・ハンドリー指揮によるエルガー「ゲロンティアスの夢」もあります。

 ちょっとマニアックですが、かなりすごいですね。 

|

« オランダ公共放送がオンデマンド配信している海外ライヴが豊富すぎて逆にこわい件 | Main | 第58回ミュンヘン国際音楽コンクール ハープに続いてヴァイオリン部門でも日本から入賞者 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「Netherlands Radio 4」の音楽配信でコンドラシン、フルネ、ヒコックス、ハンドリーが聞けます:

« オランダ公共放送がオンデマンド配信している海外ライヴが豊富すぎて逆にこわい件 | Main | 第58回ミュンヘン国際音楽コンクール ハープに続いてヴァイオリン部門でも日本から入賞者 »