« 「BBC Proms 2009」が始まってる&もうすぐバイロイトも | Main | 国際モーツァルテウム財団 8月2日にモーツァルトの新発見楽譜について発表 »

2009.07.21

「百万ユーロ・トリオ」と呼びたくなるキーシン/クニャーゼフ/マルコヴィチのピアノ三重奏

Kissin_kniazev_marcovici

 普段ならウェブラジオの感想をmixiに書くところですが、今日はスリリングなライヴが聞けたので表ブログの方に。

 今月14日「モンペリエ音楽祭」でのシルヴィア・マルコヴィチ、アレクサンドル・クニャーゼフ、そしてエウゲニ・キーシンの3人によるピアノ・トリオの演奏(→公式サイト)を本日「France Musique」で聞いたのですが、まずキーシンがピアノ・トリオをやるというのが新鮮。キーシンの室内楽って意外というか正直ピンとこない。ネット情報だと時々やってはいるみたいですが、少なくとも私が聞くのは今回が初めて。そしてキーシンと絡むのがクニャーゼフ!あの圧倒的な存在感のチェロはキーシンと十分に渡り合えそう。そしてそんな2人と共演するヴァイオリンのマルコヴィチ。CDこそ少ないですがわたし大好きです。まだ彼女のことをご存じでない方は、YouTubeにあるサンサーンスラロ「スペイン交響曲」をどうぞ。

 ということでちょっと珍しい組み合わせの3人による室内楽だったのですが、ソリストたちの強い自己主張が良い方向に働いて、音楽に「動き」と「躍動感」を与えていましたね。メンデルスゾーン「第1番」のフィナーレは3人がお互い「煽ってる」のが伝わってきましたし。後半のチャイコフスキー「偉大な芸術家の思い出に」は、部分的には3人の個性が「モロ出し」なのに、不思議と音楽には一体感があるという。これぞ「一期一会」的室内楽の醍醐味といいますか。レコード黄金時代に「百万ドルトリオ」(ルービンシュタイン/ハイフェッツ/フォイアマン→ピアティゴルスキー)というのがありましたが、ちょっとそれを思い出しましたね。21世紀のヨーロッパなので「百万ドル」でなく「百万ユーロ・トリオ」と呼んでみたくなりました。もっとも3人のうち2人はロシア出身なのがナンですが(苦笑)。個人的にはこの3人でぜひ来日公演をお願いしたいところです。

|

« 「BBC Proms 2009」が始まってる&もうすぐバイロイトも | Main | 国際モーツァルテウム財団 8月2日にモーツァルトの新発見楽譜について発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「百万ユーロ・トリオ」と呼びたくなるキーシン/クニャーゼフ/マルコヴィチのピアノ三重奏:

« 「BBC Proms 2009」が始まってる&もうすぐバイロイトも | Main | 国際モーツァルテウム財団 8月2日にモーツァルトの新発見楽譜について発表 »