« 「世界のオーケストラ名鑑387」が取り上げない世界のオーケストラ名鑑 | Main | マイケル・ジャクソンの主題に基づくオルガン即興演奏 »

2009.07.13

MTT at PMF

 現在札幌で開催されている国際教育音楽祭「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」(以下PMF)も、今年で20回目となりました。音楽祭の提唱者バーンスタインの最後の来日となった第1回は、彼の病気降板がコンサート会場で大騒動になったことも含め大きな話題となりましたが、それからもう20年も経つのですね。
 
 さて今年はPMF20周年ということで、過去に音楽祭の芸術監督を務めた2人の指揮者、クリストフ・エッシェンバッハとマイケル・ティルソン・トーマス(以下MTT)が来日しています。このうちエッシェンバッハは昨日(7月11日)と今日(12日)、マーラーの交響曲第2番「復活」を指揮しました。

 そして7月下旬にはMTTが札幌(25日)、大阪(27日)、東京(29日)の順にPMFオーケストラを指揮するわけですが、「Webシティさっぽろ」の中に、PMFとMTTの関係の深さが伺える、興味深い記事を見つけました。

 第1回PMFから3ヶ月後の1990年10月、バーンスタインが死去します。音楽祭は「看板」を失う格好となり、スタッフには今後を危惧する声も出たといいます。そんな中、来年以降も音楽祭を続けるかどうかを話し合う重要な会議が、同年12月にロンドンで開かれました。そのメンバーのなかに、MTTも居たのです。もともと札幌市が継続に積極的だったのは確かですが、その会議でMTTが首をタテに振らなければ、PMFが20回目を迎えることもなかったわけで、やはり音楽祭の存続にはMTTが大きく関わっていたと言えそうです。

 さてMTTといえば、彼に関するあらゆる情報を積極的かつ詳細に紹介しているサイト「続・徹底研究 ティルソン・トーマスとサンフランシスコ交響楽団」がありますので、興味ある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。PMFの演奏会に出かける方に向けた、まとめページも作っておられます。

|

« 「世界のオーケストラ名鑑387」が取り上げない世界のオーケストラ名鑑 | Main | マイケル・ジャクソンの主題に基づくオルガン即興演奏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference MTT at PMF:

« 「世界のオーケストラ名鑑387」が取り上げない世界のオーケストラ名鑑 | Main | マイケル・ジャクソンの主題に基づくオルガン即興演奏 »