« 辻井伸行について「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙が賛否両論のコラムを掲載 | Main | ピアノを弾く猫のための協奏曲 »

2009.06.16

グスタフ・マーラー・ブログ

 楽譜出版社のユニヴァーサル(ウニヴェルザール)・エディションが、マーラー関連の情報を発信するブログを始めました。

Gustav Mahler 2010/2011(英語)

 ブログタイトルの数字ですが、「2010」というのはマーラー生誕150周年(1860年生まれ)、「2011」は没後100周年(1911年没)にあたります。つまりアニヴァーサリーが2年連続で来るわけです。来年と再来年、わたしたちは何度マーラーを聴く(「聴かされる」!?)ことになるのでしょう。想像しただけで戦々恐々なのですが、それはともかく「マーラー・ブログ」もアニヴァーサリーにちなんで、今後さまざまな独自コンテンツを発信するようです。現在はダニエル・バレンボイム、ダニエレ・ガッティ、フランツ・ウェルザー=メストらのインタビュー動画などがupされています。

(参照)
The Rest Is Noise. Mahler is blogging.

|

« 辻井伸行について「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙が賛否両論のコラムを掲載 | Main | ピアノを弾く猫のための協奏曲 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24023/45361377

Listed below are links to weblogs that reference グスタフ・マーラー・ブログ:

« 辻井伸行について「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙が賛否両論のコラムを掲載 | Main | ピアノを弾く猫のための協奏曲 »