« 「BBC Proms 2009」プログラム発表 | Main | 海外ウェブラジオ(4/13~) サロネン、ドゥダメル、ラトル、ティーレマン、そしてヘンデルの命日に「メサイア」 »

2009.04.09

有楽町「ラ・フォル・ジュルネ」のメサイア やっぱり中止

 「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」の1日目(5/3)に予定されていた「メサイア」が中止になりました。事前に「公演内容変更の可能性がある」ということで一般発売が中止されていましたから、ある意味予想通りといえます。

LA FOLLE JOURNÉE au JAPON - 公演番号116の公演内容の変更とチケット払い戻し方法について

 チケット払い戻し方法ですが、あの忌まわしい「WEBはしご買い」でチケット購入した場合、東京国際フォーラム内のラ・フォル・ジュルネ事務局あてに4月19日必着でチケットを送付する必要があります。郵送料は「着払いで結構」とのことですが、例の手数料800円は返ってくるのでしょうか。その点について公式サイトでは記載がありません。どうするんでしょ。

 また代替公演として「ルネ・マルタンのル・ク・ド・クール」と題されたオムニバス形式のコンサートが開かれます。「ラ・フォル・ジュルネ」の出演アーティストたちが入れ替わり立ち替わり登場するという、ガラ・コンサートみたいな雰囲気の演奏会になる模様です。リチェルカーレ・コンソートの「メサイア」を楽しみにしていた方にとっては物足りないと思いますが、ラ・フォル・ジュルネの雰囲気を味わいたいという「熱狂の日」初心者にとっては朗報かもしれません。「ル・ク・ド・クール」のチケットは今月12日から発売されるということですので、興味のある方は是非。5000人収容のホールAですので、「発売即瞬殺」ということにはならないと思いますが。

 まあ個人的には代替公演がどんなものになるか、楽しみだったんですけどね。「どっかのコンマスを呼んでBWV1001からBWV1006まで全曲演奏してくんないかな」とか「いっそブランデンを全6曲やったりして」とか「もうドサクサに紛れてヴィラ・ロボスのブラジル風バッハを全曲やんないかな」とか。

|

« 「BBC Proms 2009」プログラム発表 | Main | 海外ウェブラジオ(4/13~) サロネン、ドゥダメル、ラトル、ティーレマン、そしてヘンデルの命日に「メサイア」 »

Comments

誤爆して失礼致しました。
再び時期はずれのコメント失礼致します。

>「もうドサクサに紛れてヴィラ・ロボスのブラジル風バッハを全曲やんないかな」とか。

ウケました。やって欲しいです!

Posted by: 胡蝶@元coyote | 2011.05.06 01:43

roi ubuさまこんにちは。

本当にシステム管理料が返金されないというのは、げんなりさせられますね。WEBまとめ買いの方もどう処理されるか、気になります。

私はメサイアもマレ・サンフォニーも購入しませんでしたが、リチェルカーレ・コンソートのブクステフーデのチケットを取りました。ですから、メサイア発売中止と聞いて「リチェルカーレ・コンソートも来日中止したらどうしよう…」と不安になりました(どうやら来日は大丈夫みたいですが)。酒井茜さんの件もそうですが、今年は例年以上にキャスト変更が目立つのも何だかなですね。

Posted by: おかか1968 | 2009.04.12 07:39

メサイアは買わなかったのですが、楽しみにしていたマレ・サンフォニーがなくなってしまいました…。
国際フォーラムで払戻ししましたが、券面価格のみで送料はもちろん、システム使用料も戻らないというのはどうも腑に落ちませんね。マレ・サンフォニーじゃなければ買わなかったんですから…。

小菅、エンゲラー、ベレゾフスキーの3台ピアノ協奏曲はエンゲラーの代わりに酒井茜さんという方になってしまって、こちらは払戻し無しだそうです。この3人の競演だから買ったという人がほとんどだろうと思うのですが。

Posted by: roi ubu | 2009.04.10 23:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 有楽町「ラ・フォル・ジュルネ」のメサイア やっぱり中止:

« 「BBC Proms 2009」プログラム発表 | Main | 海外ウェブラジオ(4/13~) サロネン、ドゥダメル、ラトル、ティーレマン、そしてヘンデルの命日に「メサイア」 »