« タローさんサティに行く | Main | YouTube交響楽団 カーネギーホール・ライヴがうpされました »

2009.04.16

伝説のヴァイオリニスト、カミラ・ウィックス。そして知られざる巨匠、カルステン・アンデルセン

 カミラ・ウィックス(1928年生まれ)といえば、シクステン・エールリングらとの共演によるシベリウス「ヴァイオリン協奏曲」の録音でご存知の方も多いと思います。わたしも韓国EMIによる再発盤で持っています。ただこのCD、聞き始めるとピッチが普通よりも高いようで、どうも落ち着かない。ということで途中で聞くのを止めてしまいそれっきり、という状態です。

Wicks_glazunov で先日CD店をウロウロしていて見かけたのが、ウィックスの過去の放送録音を集めたアルバム(→HMV)。ノルウェー国営放送との共同制作とのことで、そのことを示す「NRK」ロゴがジャケットに印字されています。わたしは毎日のように「NRK」の提供するネットラジオのお世話になってますので、受信料を払うつもりでゲットしました。シベリウスは前述の理由からきちんと聞いてませんので、これが私にとってカミラ・ウィックスを知る初めての機会ということになります。

 でウィックスの演奏なんですが、彼女は類い希なテクニックと、それと比肩する表現力を併せ持った、実に理想的なヴァイオリニストといえるでしょう。なにより1曲目のグラズノフの協奏曲が、本当に惚れ惚れします。しつこさのない、それでいて印象に残るカンタービレと、早いパッセージでの処理のそつの無さ。そして聞いた後には「こんなにグラズノフっていい曲だったっけ!?」という幸福感が残ります。このグラズノフの協奏曲、チャイ・コンやメン・コンほどの知名度はないけど、それなりの頻度では演奏されてるし、わたしも何度か耳にしています。でも「なんかもっさりした曲だなぁ」というか、イマイチ好きになれなかったのですが、この録音はそんなイメージを一新してくれます。曲全体を覆う、大切な何かを秘めたようなロマンティシズムが素敵です。そしてフィナーレ冒頭部のあのトランペット。実に印象的に響きます。

Wicks_andersen となると、ウィックス以外の奏者にも温かな眼差しを送りたくなります。このディスクのもう一人の主役は、指揮者のカルステン・アンデルセン(写真右。左はカミラ・ウィックス)です。彼の演奏解釈は、声高に何かを主張するといったものではなく、終始堅実かつ節度を保っています。しかしその落ち着き払った表現が、音楽に一定の品格を与えています。上質の布地で仕立てられた紳士服のような演奏、といったところでしょうか。ということで彼の指揮する演奏を、もう少し聞いてみたくなりました。アンデルセンはかつてのベルゲン・フィルのシェフですから、「NRK」には彼の録音テープがあるはず。独墺系の演奏とか残ってませんかね。

|

« タローさんサティに行く | Main | YouTube交響楽団 カーネギーホール・ライヴがうpされました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 伝説のヴァイオリニスト、カミラ・ウィックス。そして知られざる巨匠、カルステン・アンデルセン:

« タローさんサティに行く | Main | YouTube交響楽団 カーネギーホール・ライヴがうpされました »