« シュムスキーのクライスラーに癒されて | Main | 海外ウェブラジオ(4/27~) ブーレーズの「千人の交響曲」に期待 »

2009.04.27

もうすぐ「プラハの春」音楽祭2009

 公式サイトにプログラムが掲載されています。

The 64th Prague Spring Music Festival - Programme 12/5 - 3/6

 例年オープニング・コンサートは「我が祖国」と決まっていますが、今年(5月12日)はネーメ・ヤルヴィがプラハ放送響を振ります。最終日(6月3日)は来シーズンからチェコ・フィルの首席指揮者となるエリアフ・インバルが、そのチェコ・フィルを指揮し、ドヴォルザークの「交響曲第8番」「テ・デウム」を演奏します。

 おそらく公演のいくつかはチェコのクラシック音楽専門局「Vltava」でもオンエアされるでしょう。ただ番組表がまだうpされておらず、どの演奏会を「Vltava」が放送してくれるかは今のところ不明です。でも今年80歳を迎えるヨセフ・スークのヴァイオリン(5/31)などは、聞いてみたいという方は多いでしょうね。個人的には、以前ブログで紹介した中国系ピアニスト、Mei-Ting Sunがチェコの新鋭指揮者ヤクブ・フルシャと共演する演奏会(こちらも5/31)も気になります。

|

« シュムスキーのクライスラーに癒されて | Main | 海外ウェブラジオ(4/27~) ブーレーズの「千人の交響曲」に期待 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference もうすぐ「プラハの春」音楽祭2009:

« シュムスキーのクライスラーに癒されて | Main | 海外ウェブラジオ(4/27~) ブーレーズの「千人の交響曲」に期待 »