« METライブビューイング マスネ「タイス」を観る | Main | アルヴォ・ペルト 最新作「交響曲第4番」をプーチンの政敵に献呈 »

2009.01.13

「題名のない音楽会」 日本の作曲家を紹介する新シリーズを開始

 去年4月から指揮者の佐渡裕氏を新司会者に迎えたのを機に、昔の名前に戻した「題名のない音楽会」。「これは番組発足当時の初心に帰るという意志表示なのかな」と思ったのも束の間、エンターテイメント性を追求した番組企画が相変わらず多く、個人的には物足りなさを感じていました。「新しいページをめくりまショー!」という決めゼリフもイマイチ馴染めない私は、初代司会者であった黛敏郎氏の時代を懐かしむことも、一度や二度ではありませんでした。

 そんな「題名~」が突如、日本の作曲家たちを紹介する「日本の巨匠」シリーズを始めると発表しました(参照)。これはちょっと…、昔の「題名~」を彷彿とさせる「ややマニアック」な企画ですので、古くからの同番組ファンとして期待せずにはおれません。

 第1回目の放送では黛敏郎が取り上げられます。これは「題名~」としては最早避けて通ることのできない、必然的なチョイスといえるでしょう。番組では「音盤考現学」「音盤博物誌」の片山杜秀氏も登場するとのことで、「とにかくカッコいい!」という司会者のコメント以上の、切れ味あふれる発言を期待したいと思います。

|

« METライブビューイング マスネ「タイス」を観る | Main | アルヴォ・ペルト 最新作「交響曲第4番」をプーチンの政敵に献呈 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「題名のない音楽会」 日本の作曲家を紹介する新シリーズを開始:

« METライブビューイング マスネ「タイス」を観る | Main | アルヴォ・ペルト 最新作「交響曲第4番」をプーチンの政敵に献呈 »