« ナント「ラ・フォル・ジュルネ」のプログラムに驚嘆 | Main | 12/22以降7日間に海外ウェブラジオで聞けるライヴ演奏 »

2008.12.21

ヴァレンティン・ベルリンスキー(チェロ奏者、ボロディン弦楽四重奏団の元メンバー) 逝去

 Hayesさまのブログで知ったニュースです。旧ソ連(現ロシア)出身のチェロ奏者で、ボロディン弦楽四重奏団のオリジナル・メンバーのひとり、ヴァレンティン・ベルリンスキーが今月15日、モスクワで亡くなりました。83歳でした。安らかにご永眠されますようお祈りいたします。

Borodinsq_1970s

(写真)ボロディン四重奏団(1980年代)。左から、ミハイル・コペルマン(第1ヴァイオリン)アンドレイ・アブラメンコフ(第2ヴァイオリン)ディミトリー・シェバリーン(ヴィオラ)ヴァレンティン・ベルリンスキー(チェロ)

 イルクーツクで生まれたベルリンスキーは13歳でモスクワ音楽院に入学。同音楽院を卒業した1945年にロスティスラフ・ドゥビンスキー、ルドルフ・バルシャイらと「モスクワ弦楽四重奏団」を結成しました。以来ソ連を代表するクワルテットとして活躍し、1953年にはスターリンの葬儀の際に演奏を行っています。現在の名称に変更した1955年からは、ソ連国外でも演奏活動を盛んに行っています。同楽団は何度かヴァイオリンやヴィオラのメンバーが入れ替わっていますが、ベルリンスキーは2007年にウラディーミル・バルシンと交代するまで、62年の長きにわたり同楽団を支え続けました。また同氏は演奏活動の傍ら、グネシン音楽学校で後進の指導にあたりました。彼の指導を受けた人物の中には、関西フィルのコンサートマスターを務めるギオルギ・バブアゼも含まれています。

(参照)Guardian. Obituary: Valentin Berlinsky.

|

« ナント「ラ・フォル・ジュルネ」のプログラムに驚嘆 | Main | 12/22以降7日間に海外ウェブラジオで聞けるライヴ演奏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヴァレンティン・ベルリンスキー(チェロ奏者、ボロディン弦楽四重奏団の元メンバー) 逝去:

« ナント「ラ・フォル・ジュルネ」のプログラムに驚嘆 | Main | 12/22以降7日間に海外ウェブラジオで聞けるライヴ演奏 »