« 50万アクセスの御礼 | Main | ナント「ラ・フォル・ジュルネ」のプログラムに驚嘆 »

2008.12.18

アルヴォ・ペルトの最新作 楽譜が初演前にネット上で公開される

Arvo Pärt - Symphony No.4 "Los Angeles"

 全3楽章、58ページからなるアルヴォ・ペルトの最新作「交響曲第4番・ロサンゼルス」の楽譜が、ネット上で公開されてます。料金は無料です。この作品は来年1月10日に、エサ=ペッカ・サロネン指揮ロサンゼルス・フィルによって初演される予定なのですが、作品が発表される前に楽譜をネット上で公開するというのは、ちょっと前例の無いことではないでしょうか。

 今回ネットでオーケストラスコアを公開したのは、楽譜出版社のウニヴェルザルです。この会社は以前、楽譜閲覧サイト「IMSLP」と楽譜公開を巡って争ったことがありました。インターネット上の楽譜の閲覧に消極的だった同社が「方針転換」したともいえる今回の動きは、なかなか興味深いです。

 しかしこれほど簡単に(しかも無料で)楽譜が手に入るとなると、どこかのアマオケが「よし!プロに先んじて日本初演しようぜ!」と動き出すかもしれませんね。まあそれはそれで楽しみではありますが。

|

« 50万アクセスの御礼 | Main | ナント「ラ・フォル・ジュルネ」のプログラムに驚嘆 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アルヴォ・ペルトの最新作 楽譜が初演前にネット上で公開される:

« 50万アクセスの御礼 | Main | ナント「ラ・フォル・ジュルネ」のプログラムに驚嘆 »