« セプテンバーにアース・ウィンド・アンド・ファイアーとカウンターテノールが一瞬の邂逅 | Main | 祝!「ラ・フォル・ジュルネ」福井県進出! »

2008.09.11

カープ交響曲

 広島交響楽団とプロ野球の広島東洋カープが、今年11月24日に共同でコンサートを開くことになり、先日記者会見が行われました(参照1同2)。演奏会では宮崎道さん(40)作曲による「カープ交響曲」が初演されます。宮崎さんの父・尚志さん(故人)は、カープ応援歌「それゆけカープ」の作曲者で、生前「カープの交響曲を作って、広響に演奏してもらいたい」という夢を持っていたそうです。その遺志を息子が受け継いで、このたびコンサートで発表の運びとなりました。

 交響曲は演奏時間約35分の大作。「それいけカープ」など、宮崎尚志さんが作曲したカープ応援歌5曲の旋律が織り込まれています。広島のブラウン監督も「クラシックな曲になるようだし、お父さんの遺志を継いだ曲ということなので、楽しみだし聞いてみたい」と、交響曲に期待の声を寄せています。

 「それいけカープ」って、「♪カープ、カープ、カープひろっしまぁ、広島カープ~」の曲ですよね。広島ファンでなくても、野球ファンならみんな知ってる曲ですよ。それが交響曲になるんですか。広響も粋なことしますね。広響といえば「北欧モノ」というイメージがありますが、最近は佐村河内守の「交響曲第1番」を初演したことでも話題となりました。「広島交響楽団、またもやクリーンヒット」といったところでしょうか。チケット発売日など詳細については、広響の公式サイトをご覧ください。

(関連記事)
桜は満開 広響も満開(今年3月30日付のエントリ)

|

« セプテンバーにアース・ウィンド・アンド・ファイアーとカウンターテノールが一瞬の邂逅 | Main | 祝!「ラ・フォル・ジュルネ」福井県進出! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カープ交響曲:

« セプテンバーにアース・ウィンド・アンド・ファイアーとカウンターテノールが一瞬の邂逅 | Main | 祝!「ラ・フォル・ジュルネ」福井県進出! »