« がっちりマンデー | Main | マウリシオ・カーゲル(作曲家) 逝去 »

2008.09.16

イアン・バウスフィールド 大いに語る

 只今絶賛来日公演中のウィーン・フィルですが、川崎での初日公演に先立って9/13(土)にサントリーホールで「ウィーン・フィル首席奏者によるマスタークラス」が開催されました。今回の講師は、トロンボーン奏者のイアン・バウスフィールド。8年前(2000年)に入団した当時は、「ウィーンとは縁遠いイギリス人奏者が、ロンドン交響楽団から移籍してきた」ということで話題となりましたが、今やウィーン・フィルを代表する奏者の一人となった感があります。

 そんなバウスフィールドの講義中の発言の一部が、以下のブログで明らかになっています↓

帆立の貝柱 - 見事!見事な了解である

 これらの発言のなかで注目なのは以下の発言↓

「セイジ・オザワはオーケストラ指揮者としては最高です。オーケストラ指揮者としてはね…分かっていただけますすか?」

 クラヲタなら分かってもらえると思います。

(追記)来日公演でバウスフィールドがソリストを務めるニーノ・ロータ「トロンボーン協奏曲」が、ネットラジオでも聞けます。といっても来日公演ではなく、帰国後ウィーン楽友協会(ムジークフェライン)大ホールで行われる9/28(日)の演奏会の模様が、オーストリア放送協会「ORF Ö1」で生中継されるのです。

9/28 (Sun) 18:03-20:00 (現地時間 11:03-13:00) 
ORF Ö1 (wma)
 リッカルド・ムーティ指揮ウィーン・フィル
 ヴェルディ:「ジョヴァンナ・ダルコ」序曲、「シチリア島の夕べの祈り」のバレエ音楽、ロータ:トロンボーン協奏曲、映画音楽「山猫」
 (ウィーン楽友協会大ホールから生中継)

|

« がっちりマンデー | Main | マウリシオ・カーゲル(作曲家) 逝去 »

Comments

masaさまこんにちは。

>弦の音の美しさに驚きました。
あの響きには、独特のものがありますよね。

それからmasaさまは来年のシカゴ響も行くんですか!?いいですね。あとウィーン・フィルは、来年9月ごろにも再来日が予定されているようですよ。

Posted by: おかか1968 | 2008.09.18 08:11

おかかさん、お久しぶりです。昨日ウィーンフィルのコンサートに行って参りました。 いやー弦の音の美しさに驚きました。弦が弱音からフェードインして来るところなんか素晴らしかったです。 そんな中でキュッヒルさんの調子が今一つで。 あれ?なんか音程ずれてない?僕だけか、感じたのは。 でも金管は素晴らしかった。 金管と言えばシカゴ響。行こうか検討中です。

Posted by: masa | 2008.09.17 21:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イアン・バウスフィールド 大いに語る:

« がっちりマンデー | Main | マウリシオ・カーゲル(作曲家) 逝去 »