« ふぞろいの餃子たち | Main | 吉松隆&河村泰子 9/27(土)に京都のCD店でインストアイベント »

2008.09.27

モーツァルトの未発表曲 ナント「ラ・フォル・ジュルネ」で世界初演か

 最近こんなニュースをネットで見かけました。

モーツァルトの直筆譜面と判明、フランス中西部ナントの図書館保存
(産経新聞、2008年9月18日付)

 フランス・ナントの図書館から、モーツァルト直筆の未発表曲が発見された、というニュースです。まあ「未発表曲」ニアリーイコール「新曲」、しかもモーツァルトの作品ということで一般紙も取り上げたのでしょうが、私は「交響曲1曲がまるごと発見されたのならまだしも、楽譜にしてたった一ページの小品だし…」と思い、あまり興味を惹かなかった、というのが正直なところです。

 しかし今日の夕方、この1枚の楽譜に関する新たなニュースが飛び込んできました。どうやらこの作品が、来年の「ラ・フォル・ジュルネ」で世界初演される可能性が浮上しているようなのです。「熱狂の日」を4年間追っかけてきた(笑)私としては、これで俄然興味が出てきました。

 本日配信された「熱狂の日」フレンズ限定のメールマガジン(※)に、ルネ・マルタンから事務局あてに最近送られたというメールが紹介されていて、そのなかに「来年1月28日から開催されるナントでのラ・フォル・ジュルネで、この楽譜の初演を行うかもしれません」、とあります。ルネさんはナント市に楽譜の貸し出しを依頼しているそうですが、地元の市長であるジャン・マルク・エロー氏はルネさんと親しい間柄ですから、オッケーが出る可能性は高いのでは、と門外漢は勝手に思い込んでます。

 ところで来年の「ラ・フォル・ジュルネ金沢」のテーマはモーツァルトでしたね。ということは…、2009年、金沢でモーツァルトの未発表曲が日本初演されるかもしれませんね、というか、そうなると嬉しいですね。

 (※)「熱狂の日」メルマガを受信するには「熱狂の日フレンズ」への登録が必要です。登録はこちらのサイトで出来ます。今だと山尾敦史氏の「バッハ・コラム」が読めます。

|

« ふぞろいの餃子たち | Main | 吉松隆&河村泰子 9/27(土)に京都のCD店でインストアイベント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference モーツァルトの未発表曲 ナント「ラ・フォル・ジュルネ」で世界初演か:

« ふぞろいの餃子たち | Main | 吉松隆&河村泰子 9/27(土)に京都のCD店でインストアイベント »