« 「巨匠」が「巨匠」のままであり続ける理由 | Main | 「おかかのオススメ10人の巨匠」ようつべ編 »

2008.07.26

「巨匠」といえば…

 「巨匠」演奏家といえば読者の皆さんはどんな名前を思い浮かべますか?フルヴェンだったり、ワルターだったり、ラジバンダリ(笑)。すみません…、言ってみたかったんです…。もうしませんから許してください。

 一つ前のエントリで何の気無しに「オススメ巨匠10枚」を挙げましたところ意外に好評でしたので、今回はその続編を。題して「おかかのオススメ巨匠 10枚追加」。

●Franck, Violin Sonata. Jacques Thibaud & Alfred Cortot (EMI References, CDH 7 63032 2)

●Dvorak, Rondo in G minor. Emanuel Feuermann, Leon Barzin & National Orchestral Association (Philips, PHCP-3412)

●Bruckner Symphony No.5. Carl Schuricht & Wiener Philharmoniker (Altus, ALT089)

●Smetana, Má Vlast. Karel Šejna & Czech Philharmonic Orchestra (Supraphon, COCQ-83806)

●Shostakovich, Violin Concerto No.1. David Oistrakh, Evgeny Mravinsky & Leningrad Philharmonic (Melodiya/Le Chant du Monde, LDC 278 882)

●Brahms. Clarinet Quintet. Leopold Wlach & Vienna Konzerthaus Quartet (Westminster, IWB-60003/LP)

●Bruch, Violin Concerto No.1. Jascha Heifetz, Sir Malcolm Sargent & New Symphony Orchestra of London. (RCA/SonyBMG, 8697-21742-2)

●Chopin, Nocturnes. Dino Ciani (DG, 472 418-2)

●Borodin, Symphony No.2. Carlos Kleiber & Radio-Sinfonieorchester Stuttgart (Mediaphon, 75.103)

●Kreisler, Music for Violin and Piano. Oscar Shumsky & Milton Kaye (ASV, QS 6039)

|

« 「巨匠」が「巨匠」のままであり続ける理由 | Main | 「おかかのオススメ10人の巨匠」ようつべ編 »

Comments

えー、チアーニの「夜想曲集」のCDなのですが、チアーニの公式サイトを覗いたらARKADIAのライヴとDGのは収録日が違うことが判明いたしました。前者は1973年10月トリノでのライヴ、後者は同年12月にミラノで収録されたものだそうです。

たった今両者を聞き比べていますが、たしかに違うテイクですね。失礼いたしました。

参照URL;http://www.dinociani.org/fmt_disc.htm

Posted by: おかか1968 | 2008.08.03 22:44

私がチアーニのショパン「夜想曲」を初めて聞いたのは、ARKADIAというレーベルから出ていた2枚組CDを通じてでした。その後DGから出た6枚組のアンソロジーにも同じ演奏が収められていますが、音質面では明らかにDG盤に軍配が上がります。

しかしARKADIA盤のリアルさに乏しいピアノ・サウンドが私には「レースのカーテン越しに垣間見える女性の面影」的な雰囲気に感じられて、その「ミステリアスさ」がチアーニの演奏にふさわしいように感じられるのです。

ところでショパンは「ルネッサ~ンス!」…でなくて「ロマン派」でしたね。失礼いたしました…。

Posted by: おかか1968 | 2008.08.01 22:05

オーカカー!!

暇をもてあますクラヲタ達の「遊び」。

すみません、ついつい乗せられてしまいました(笑)。

チアーニはそのドビュッシーだけ持っています。ショパンのノクターンは単品で出ていたのでしょうか。6枚組のものしか見たことがないもので・・・

こりゃ見つけ次第捕獲ですかね。

Posted by: ジュスマルダホス | 2008.08.01 17:37

ジュスマルダホス様こんばんは。

>ああっ、ここにもラジバンダリが!!
ここは純クラシック系ブログのつもりでやっているのですけど、ときどき管理人の本性が姿を現すのであります。そんなときは「な~にぃ~? やっちまったな!」と笑って受け流して頂ければ幸いです。

シェイナは大好きですよ。ここで挙げた「わが祖国」と同じくらい、マーラー「第4番」も好きです。チアーニはドビュッシーなども世評が高いのですけど、私はここで挙げたショパン「夜想曲」がイチオシです。尋常でないほどの美しさは、いつ聞いてもため息が出ます。

Posted by: おかか1968 | 2008.07.30 20:26

ああっ、ここにもラジバンダリが!!
(私いつもお笑いネタにしか反応していないような気がしますが・・・)

シェイナとチアーニが光っていますね。

Posted by: ジュスマルダホス | 2008.07.30 12:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「巨匠」といえば…:

« 「巨匠」が「巨匠」のままであり続ける理由 | Main | 「おかかのオススメ10人の巨匠」ようつべ編 »