« ブランデンブルグ七重奏曲 | Main | 「エクス=アン=プロヴァンス音楽祭」「アスペン音楽祭」のライヴ動画配信 »

2008.06.24

YouTubeで見るブランデンブルグ協奏曲第5番

 先日BCJのブランデンを聞いたあと、他の団体がどんな演奏をしているかが気になったので、YouTubeで探してみました。

 まずは大御所、カール・リヒターから↓

Bach: Brandenburgisches Konzert Nr.5 Karl Richter

 こうやって映像で見ると、結構ワイルド。

 次はクラシック界最大の奇才のひとり、グレン・グールドです。

 フルートはユリウス・ベルガー。そしてヴァイオリンはオスカー・シャムスキーです。彼らもリスペクトに値する演奏家です。

 お次はクラウディオ・アバドが率いるアンサンブルによる演奏です。

 フルートはジャック・ズーン、チェンバロはオッターヴィオ・ダントーネ。そしてヴァイオリンはジュリアーノ・カルミニョーラです。

 次はフライブルク・バロック・オーケストラの映像です。

 アバドたちより、演奏者の数が随分減りましたね。この「第5番」は10人で演奏しています。それでもBCJのメンバー7人による実演を聞いたあとでは、弦が随分と分厚く聞こえるのが不思議です。

 そして今度は、無名の若手演奏者たちによる演奏なのですが…↓

 彼らもBCJ同様、7人で演奏しています。音のバランス的には、BCJに一番近いのがコレです。しかし鈴木雅明氏のほうが遙かにチェンバロが「華やか」ですね。当たり前といえば当たり前ですが。

 最後はジャズ畑のジャック・ルーシェ・トリオです↓

3人でも「ブランデンブルグ協奏曲」は出来る(笑)。

|

« ブランデンブルグ七重奏曲 | Main | 「エクス=アン=プロヴァンス音楽祭」「アスペン音楽祭」のライヴ動画配信 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference YouTubeで見るブランデンブルグ協奏曲第5番:

« ブランデンブルグ七重奏曲 | Main | 「エクス=アン=プロヴァンス音楽祭」「アスペン音楽祭」のライヴ動画配信 »