« 続・iTunes Storeで手に入る1500円全集の一覧 | Main | 「武生国際音楽祭2008」のプログラムが »

2008.06.13

フランツ・ウェルザー=メスト クリーブランド管との契約延長

 クリーブランド管弦楽団は先週金曜日に、音楽監督のフランツ・ウェルザー=メスト(Franz Welser-Möst;47)との契約を2017/18シーズンまで延長する、と発表しました(参照)。メスト氏がクリーブランドのシェフになったのが2002年ですから、「2018年まで」となると16期ですね。これはなかなかの長期政権ではないでしょうか。ちなみに前任者のクリストフ・フォン・ドホナーニは1984年から2002年までの18期、ジョージ・セルは1946年から1970年まで24期の長きにわたり、音楽監督を務めています。

 さてクリーブランド管は今回、これ以外にも重要な発表を幾つか行っています。その中で特に気になるものをご紹介しますと、2018年に同楽団は創立100周年を迎えるのですが、その記念に世界の著名な作曲家たちの新作を初演します。楽団が委嘱を予定している作曲家は、マーク=アンドレ・ダルバヴィ、オスバルド・ゴリホフ、HK・グルーバー、マティアス・ピンチャー、カイヤ・サーリアホの5名です。10年後ですので、これは少し気が遠い話のような気もします。
 
 もっと近い将来の話もしましょう。クリーブランド管の「アーティスト・イン・レジデンス」にトン・コープマンが就任します。任期は2010年から3年間です。また来年以降モーツァルトのダ・ポンテ三部作を1作づつ、本拠地のSeverance Hallで上演することも併せて発表されました。これはチューリヒ・オペラとの共同プロダクションとなります。

|

« 続・iTunes Storeで手に入る1500円全集の一覧 | Main | 「武生国際音楽祭2008」のプログラムが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フランツ・ウェルザー=メスト クリーブランド管との契約延長:

« 続・iTunes Storeで手に入る1500円全集の一覧 | Main | 「武生国際音楽祭2008」のプログラムが »