« 「ル」とか「ラ」とか「ド」とか | Main | サロネン50年 »

2008.06.30

オンデマンド配信で聞くヒラリー・ハーンとバドゥラ=スコダ

 ボストンの放送局「WGBH」が、番組のいくつかをポッドキャストで配信しています。中でも気になったのがコレです↓

WGBH - Multimedia - Command Performance

 演奏家をスタジオに招いて、トークや生演奏を披露する60分番組のアーカイヴのようですね。

 まずはヒラリー・ハーンから。ここで彼女はチャールズ・アイヴスの「ヴァイオリンソナタ第3番」から第2楽章(アレグロ)を演奏しています。曲が始まるのは大体22分を過ぎた辺りです。共演は、以前レディオヘッドのピアノ・アルバムを出したクリストファー・オライリーです。しかしヒラリー・ハーンがアイヴスに手を出すとは…、もしかしてCD録音でもするのでしょうか。そうだとしたら期待大ですね。あのシェーンベルクの協奏曲を聞いた後ですから尚更です。

 その次はパウル・バドゥラ=スコダを聞いてみました。シューベルト「即興曲変ト長調」(D899-3)、モーツァルト「幻想曲ハ短調」(K475)、フランク・マルタン「フラメンコのリズムによる幻想曲」のスタジオ演奏の他、ショパン演奏における右手と左手の使い方について、実際に鍵盤に触れて音を出しながら熱心に語ったりしています。
 バドゥラ=スコダはなかなか英語も達者で、司会とのトークも結構弾んでいましたが、巨匠指揮者たちとの思い出について話を向けられると、以下のような事を語っていました(私の怪しいヒアリングではありますが、どうかご容赦を…)。


「若い頃に強いインスピレーションを受けた指揮者は…、ウィルヘルム・フルトヴェングラーです。ところでアメリカではどうして彼のことを『フルトヴァングラー』と呼んでしまうのでしょう。その理由は判りかねますが…」「私を含む多くの人々は、彼の演奏からいくつもの『啓示』を受けました」「彼は作曲家が今ここに現れたかのように、音楽を創造することのできる人でした」「フルトヴェングラーは(当時若かった)私に対しても敬意を払い、曲の解釈やテンポなどを尋ねてくれました。一方カラヤンと共演したとき、私は彼のピアノ・レッスンを受けました(笑)」「あとはクナッパーツブッシュですね」「彼と共演した『皇帝』のことは忘れられません。この録音はCDにもなっています」「もう一人、イェジー・セムコフからも大いなる感銘を受けました」「彼はポーランド人指揮者で、私とはアメリカでもポーランドでも共演したことがあります」


 フルヴェンやクナ、そして(音楽ファンの期待を裏切らないエピソード付きで)カラヤンの名前を挙げたのはいいとして、ここでセムコフの名前が出てきたのは意外でした。よほど共演時の印象が良かったのでしょうね。この話を聞いて私は、両者の共演を生で聞いてみたくなりましたが、果たしてそのような機会はやって来るのでしょうか。

|

« 「ル」とか「ラ」とか「ド」とか | Main | サロネン50年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オンデマンド配信で聞くヒラリー・ハーンとバドゥラ=スコダ:

« 「ル」とか「ラ」とか「ド」とか | Main | サロネン50年 »