« カルミナSQの新譜 | Main | 水戸室内管弦楽団公演 指揮者が小澤征爾から広上淳一に変更 »

2008.05.24

ジークムント・ニッセル(ヴァイオリニスト、アマデウス四重奏団のメンバー) 逝去

 アマデウス四重奏団で第2ヴァイオリンを担当していたジークムント・ニッセルが今月21日、ロンドンの自宅でお亡くなりになられました(参照)。享年86才。心からご冥福をお祈りいたします。

 ニッセルはミュンヘン生まれ。9才でウィーンに移り住むと、ウィーン・フィルの奏者からヴァイオリンの指導を受けます。ユダヤ人の彼はナチス・ドイツがオーストリアを占領するとイギリスへと渡りますが、しばらくの間「敵性外国人」としてマン島で抑留されてしまいます。そこで出会ったのが、ヴィオラ奏者のペーター・シドロフでした。2人は解放後、ノーバート・ブレイニン(シドロフがマン島のキャンプで知り合ったヴァイオリン奏者で、一足先に解放されていた)、チェロのマーティン・ロヴェットらと共に「ブレイニン弦楽四重奏団」という名前で演奏活動を始めます。このクワルテットはその後「アマデウス四重奏団」と改名するのですが、この「改名話」をもちかけたのが、他ならぬジークムント・ニッセルだったといいます。

 アマデウス四重奏団はシドロフの死(1987年)によって、その活動を休止しました。また第1ヴァイオリンのブレイニンは、2005年に亡くなっています。

(参照)
Wikipedia - Amadeus Quartet

|

« カルミナSQの新譜 | Main | 水戸室内管弦楽団公演 指揮者が小澤征爾から広上淳一に変更 »

Comments

そうですね。「同時代感」てありますね。昔からCD演奏で慣れ親しんでいましたからね。アマデウスSQだと、私はブラームスをよく聞いていました。

そういえば最近、自分よりも年下のアーティストを聞く機会の方が増えたような気がします。

Posted by: おかか1968 | 2008.05.28 07:21

寂しいですねぇ。
本当にこの同世代感っていうのは不思議で、本来ならずっと年上の人も仲間のように思ってしまったり、少し年上の人も「あいつは若いから」なんて言ったりしまったりします。
いずれにしても、アマデウスQは、活動を終えていても、そのメンバーの訃報には寂しさを禁じ得ません。

Posted by: ガーター亭亭主 | 2008.05.26 23:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジークムント・ニッセル(ヴァイオリニスト、アマデウス四重奏団のメンバー) 逝去:

« カルミナSQの新譜 | Main | 水戸室内管弦楽団公演 指揮者が小澤征爾から広上淳一に変更 »