« アン、ドゥ、トロワ、カトル、シューベルト!(その3) | Main | コロンバス交響楽団 活動休止か »

2008.05.09

ウィーン国立歌劇場に女性コンマス

 今日「フォルカーの部屋」を見て知りましたが、ウィーン国立歌劇場は昨日「ブルガリア出身のAlbena Danailova氏がオーケストラのコンサートマスターに就任する」と発表しました。彼女はロンドン・フィルのコンマスを務めるほか、すでにウィーン国立歌劇場での演奏歴もあるそうです。今年9月から2年間の試用期間を経て、正式採用の運びとなります。2009/10シーズンを最後に同歌劇場のポストを辞任するイアン・ホーレンダー監督は「私はキャリアの最後を、女性コンサートマスターと共に過ごすことになるだろう」とコメントしています(参照)。同楽団にとって女性コンマスは「史上初」ということになります。

 ウィーン国立歌劇場、そして同オペラハウスの楽団員で構成されるウィーン・フィルが昔のままでいて欲しいと願うファンにとっては、ショッキングなニュースかもしれません。しかし私はウィーン国立歌劇場の今回の決定を強く支持します。

|

« アン、ドゥ、トロワ、カトル、シューベルト!(その3) | Main | コロンバス交響楽団 活動休止か »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウィーン国立歌劇場に女性コンマス:

« アン、ドゥ、トロワ、カトル、シューベルト!(その3) | Main | コロンバス交響楽団 活動休止か »