« 「音楽を聞きながらワインを飲むと味が変わる」という実験結果が | Main | 2台のピアノのための作品を一人で弾くピアニスト »

2008.05.18

極私的・気になる新譜(CD&DVD)情報

 HMVの輸入盤新譜情報を見ながら、個人的に気になったアイテムをだらだらと列挙するコーナーです。

●「ブリテン=ピアーズDVDコレクション」(英Decca)
 「ビリー・バッド」「冬の旅」「ピーター・グライムズ」「イドメネオ」の4タイトルがリリースされます。BBCのアーカイヴからのDVD化だそうです。「冬の旅」は以前CSで見たことがありますが、後は映像の存在すら知りませんでした。ということでイギリス音楽ファンは是非。

●「スラヴァ賛!~ロストロポーヴィチ記念コンサート(独Profil)
 昨年10月にドイツ・クロンベルクで行われたライヴをCD4枚組にまとめたもの。登場アーティストはチェリストだけでもダヴィート・ゲリンガス、ナターリア・グートマン、ユリウス・ベルガー、リン・ハレル、ゲーリー・ホフマン、ミッシャ・マイスキー、ミクローシュ・ペレーニ、アルト・ノラス…。「うそ~!」て思うでしょ?(笑)。そしてネーメ・ヤルヴィ指揮バイエルン放送響、ギドン・クレーメルとクレメラータ・バルティカも登場します。チェロ好きはもちろん、20世紀音楽もたくさん収録されてますから、現代音楽ファンも是非。

ニルソン、レオンタイン・プライス、ディ・ステファノ、そしてモリナーリ=プラデッリ指揮の「トゥーランドット」ライヴ(独Orfeo)
 1961年のウィーン国立歌劇場のライヴで音声はモノラルですが、これはどうなのでしょう。海賊盤とかでリリースされたことはあるのでしょうか。いずれにしても聞いてみたいです。

●ユーロアーツ「CLASSIC ARCHIVE」シリーズ
 ミケランジェリの1981年ルガーノ・ライヴリヒテルの晩年のロンドンでのリサイタルニコラーエワのショスタコーヴィチ「24の前奏曲とフーガ」(全曲)ワイセンベルクのブラームス「ピアノ協奏曲第2番」など、魅力的なラインアップです。

●ムーティ指揮シカゴ響のスクリャービンなど (CSO Resound)
 先日「リッカルド・ムーティがシカゴ交響楽団の音楽監督に就任」というニュースが発表されたばかりですが、そんな両者の演奏を収めたアルバムが、シカゴ響の自主レーベルから早速リリースされます。CDSACDハイブリッドの同時発売で、曲目はスクリャービン「法悦の詩」、プロコフィエフ「交響曲第3番」、そしてラヴェル「ボレロ」です。

あとはもうコメント抜きでリンクのみ。だってマニアックなんだもの(笑)。

アントニ・ヴィト指揮「さまよえるオランダ人」

シマノフスキ「交響曲全集」(カジミエシュ・コルト指揮)

グラズノフ「協奏曲全集」(ピアノ独奏:ナセトキン、アレクセーエフ 他)
Glazunov_concertos
↑音楽内容うんぬんより、ジャケ写のグラズノフが、やけにテカってるのが気になる。これは「酒光り」でしょうか。

トリオ・ヴァンダラーらの「世の終わりのための四重奏曲」

1986年生まれの指揮者、リオネル・ブランギエのダンディ「交響曲第1番」他

アレクサンドル・タローの新譜、現代作曲家ティエリー・ペクの作品集

|

« 「音楽を聞きながらワインを飲むと味が変わる」という実験結果が | Main | 2台のピアノのための作品を一人で弾くピアニスト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 極私的・気になる新譜(CD&DVD)情報:

« 「音楽を聞きながらワインを飲むと味が変わる」という実験結果が | Main | 2台のピアノのための作品を一人で弾くピアニスト »