« ヴェルナー・テーリヒェン(ティンパニ奏者・作曲家・指揮者) 逝去 | Main | アン、ドゥ、トロワ、カトル、シューベルト!(その1) »

2008.05.03

ベルリン・フィル「ヨーロッパ・コンサート2008」をウェブラジオで聴く

 今月1日にモスクワ音楽院大ホールで行われたベルリン・フィルの「ヨーロッパ・コンサート」をウェブラジオで聴きましたが素晴らしかった!ラトルとベルリン・フィルのコンビで、これほど音楽的に充実した演奏を初めて聴きましたよ!私はコレを待ってたんですよ!
 ラトルがベルリンに来てからというもの、なかなかピンとくる演奏に巡り会えず、ずいぶんとイライラさせられたものです。最近では「ラトルがベルリン・フィルから三行半を突きつけられるのではないか」などといったネガティブな報道もあったりして、ファンとして気を揉む日々が続いたのは事実です。そんな曇天のような状況で行われた「ヨーロッパ・コンサート」で、晴天のごとく清々しいベートーヴェン「交響曲第7番」が聴けて、とても嬉しい気分です。ベト7らしい怒濤のリズムと、ラトルらしい明朗で歯切れ良い解釈もさることながら、なにより私が魅了されたのは、個々の奏者たちの「個性」がはっきりと聞き取れる演奏でありながら、オーケストラ「全体」の響きが一つにまとまっていたことです。これほど「個」と「集団」のバランスが絶妙なオケ・サウンドは、滅多に聞けるものではありません。DVD化するなりCD化するなり、ともかくきちんとしたパッケージで改めて聞いてみたい演奏です。

|

« ヴェルナー・テーリヒェン(ティンパニ奏者・作曲家・指揮者) 逝去 | Main | アン、ドゥ、トロワ、カトル、シューベルト!(その1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ベルリン・フィル「ヨーロッパ・コンサート2008」をウェブラジオで聴く:

« ヴェルナー・テーリヒェン(ティンパニ奏者・作曲家・指揮者) 逝去 | Main | アン、ドゥ、トロワ、カトル、シューベルト!(その1) »