« カラヤンと花束 | Main | さくら中継 »

2008.04.05

コロンバス交響楽団のサポーターズサイト「symphonystrong.com」

 オハイオ州の州都コロンバスで活動するオーケストラ、コロンバス交響楽団といえば「広上淳一氏が音楽監督を務めているオケ」ということで、ご存知の方も多いのではないでしょうか。このたび同楽団を愛する地元ファンが、オーケストラを積極的に応援するサイト「symphonystrong.com」を立ち上げました。現在サイトには、演奏会のスケジュール表やニュース、ギャラリーや動画集などのコンテンツがあります。「芸術劇場」枠で日本でオンエアされた広上さんのインタビューも見ることができます。

 このようにファンから愛されるコロンバス響ですが、実は存亡の危機に立たされています。慢性的な赤字による財政危機が続く中、理事会からは合理化策として大規模なリストラと、演奏会の回数削減を求められています。理事会案は「正団員数を53人から31人に削減せよ」という、非常に厳しいものです。今後団員と理事会のあいだで交渉が行われるわけですが、オケの将来は全く予断を許さない状況です。
 難しい環境下にあっても、音楽監督は良い仕事をしています。広上さんがコロンバスのシェフに就任して以来、定期会員が6%アップ(昨年比)、チケットの売れ行きも12%増加(同)しました。そしてコロンバス響としては久しぶりとなる正規録音が、DENONレーベルによって行われました(曲目はチャイコフスキー「交響曲第5番」)。先月父が亡くなるという不幸があったにもかかわらず、マエストロは敢えてアメリカに留まり、演奏会とレコーディングのスケジュールを消化しました。
 さて「symphonystrong.com」の左下には、「あなたはコロンバス交響楽団が現状の体制のまま維持することを望みますか?」と書かれたネット投票箱があります。現在のところ回答の100%が「Yes」です。

(参照)
The Other Paper. Promoting passion. (April 3, 2008)
The Columbus Dispatch. Columbus Symphony: Could it really die? (March 14, 2008)
The Columbus Dispatch. Maestro misses rites for father in Japan. (March 11, 2008)
The Columbus Dispatch. Negotiations under way. (March 21, 2008)

(関連記事)
ODEKAKE.US アメリカ快適生活サポート. コロンバスシンフォニー・カフェコンサート.
↑「料理と音楽」と題されたユニークなイベント。会場ではコロンバス響の楽団員と広上さんのピアノによる室内楽演奏のあと、4種類の異なる味のチキン・スープが振舞われた。

|

« カラヤンと花束 | Main | さくら中継 »

Comments

>Mario Takeyamaさま

 "SymphonyStrong"設立者から直々にコメントを頂き、誠に恐縮に存じます。貴方のユニークかつ多彩な活動の数々には、本当に頭が下がります。レコーディングがリリースされた暁には、いち早くダウンロードしたいと思います。楽しみにしております。

 そして、今回武山様がコロンバス響の危機に対して行動を起こされたことに敬意を表すと共に、"SymphonyStrong"の益々のご発展、ひいては楽団の存続を祈らずにはいられません。がんばってください。

Posted by: おかか1968 | 2008.04.07 at 18:18

SymphonyStrongは、ただのウェブサイトではなくライブシンフォニーミュージックをサポートする草の根団体です。毎月、イベントも企画実行されており、今日もイベントがあります。現在、サポートの証であるオレンジのリストバンドは無償で配布していますが、初回分2000個の配布完了し、サイトにて販売を開始します。
全ての販売活動による利益は、コロンバスシンフォニーに寄付されるか、草の根運動資金に充てられます。

これから、大々的のいろいろな企画、ファンドレイジングが目白押しです。乞うご期待!

簡単にご説明まで。

Posted by: mario Takeyama | 2008.04.07 at 15:34

サイトの紹介有り難うございました。この草の根団体を立ち上げたマリオ武山と申します。
4月1日には、広上さんの指揮によるシンフォニーストロング初のレコーディングを無事終えました。
4月中旬より、サイトにダウンロード販売開始します。
日本でのダウンロードサイトでの販売も検討中です。
グラミー賞オーディオエンジニアのエドトンプソンさんがレコーディングに参加、すばらしい出来になりました。
今後とも宜しくお願い致します。

Posted by: Mario Takeyama | 2008.04.07 at 15:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24023/40776094

Listed below are links to weblogs that reference コロンバス交響楽団のサポーターズサイト「symphonystrong.com」:

« カラヤンと花束 | Main | さくら中継 »