« LAの「行列の出来るホットドッグの店」の新メニュー(?) ドゥダメル・ドッグ | Main | パヴァロッティのトリノ五輪開会式でのトゥーランドットは口パクだった »

2008.04.07

去年の本家ナント「熱狂の日」の演奏がウェブラジオで立て続けにオンエア

 オーストラリア放送協会「ABC Classic FM」が、今日から4日連続でナント「ラ・フォル・ジュルネ」音楽祭2007のライヴ演奏を放送します。ベレゾフスキー、エンゲラー、児玉桃、ダルベルトといった、今年東京の音楽祭に登場するアーティストたちの演奏も聴けます。
 これらのライヴで一番の聴きものは、ルノー・カプソン、ダルベルト、そしてエベーヌ四重奏団らによるショーソンのコンセール(4/10放送予定)でしょう。私は去年他局のウェブラジオを通して聞きましたが、実に清らかで、胸にじんわりとくる演奏でした。あとフレイレのグリーグ「ピアノ協奏曲」も気になるところです(これも4/10)。彼は若い頃にルドルフ・ケンペ指揮ミュンヘン・フィルと同曲を録音(→アマゾン)しています。今回ナントではどうでしょうか。また共演のアントニ・ヴィトは私の好きな指揮者ですので、そちらも楽しみです。

4/7 (Mon) 19:00-21:30 (現地時間 20:00-22:30)
ABC Classic FM (wma 96kbps)
(番組後半)
1.シベリウス:フィンランディア Op.26
2.グリーグ:「ペール・ギュント」第1組曲 Op.46
3.ムソルグスキー(リムスキー・コルサコフ編):はげ山の一夜
4.ボロティン:中央アジアの草原にて
5.ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調 Op.18
演奏:ボリス・ベレゾフスキー(ピアノ)ドミトリー・リス指揮ウラル・フィル

4/8 (Tue) 19:00-21:30 (現地時間 20:00-22:30)
ABC Classic FM (wma 96kbps)
1.ラフマニノフ:前奏曲集Op.32から
(変ロ短調Op.32-2/ホ長調Op.32-3/ホ短調Op.32-4/ト長調Op.32-5/イ長調Op.32-9/嬰ト短調Op.32-12/変ニ長調Op.32-13)
2.メトネル:朝の歌Op.39-4
3.同:悲劇的ソナタOp.39-5
4.同:おとぎ話Op.35-4
演奏:ボリス・ベレゾフスキー(ピアノ)
5.グリーグ:弦楽四重奏曲ト短調Op.27
6.ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第5番へ短調Op.9から 第2楽章
演奏:プソフォス四重奏団
7.ビゼー:交響曲ハ長調
8.ドヴォルザーク:弦楽セレナードホ長調Op.22
演奏:コンチェルト・ケルン

4/9 (Wed) 19:00-21:30 (現地時間 20:00-22:30)
ABC Classic FM (wma 96kbps)
(番組後半)
1.チャイコフスキー:子供のアルバムOp.39
演奏:ブリジット・エンゲラー(ピアノ)
2.ムソルグスキー:展覧会の絵
演奏:児玉桃

4/10 (Thr) 19:00-21:30 (現地時間 20:00-22:30)
ABC Classic FM (wma 96kbps)
1.ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲イ長調Op.81
演奏:プソフォス四重奏団/Dana Ciocarlie(ピアノ)
2.コダーイ:ガランタ舞曲
演奏:ペーテル・チャバ指揮シンフォニア・ヴァルソヴィア
3.フォーレ:夜想曲第6番
4.ショーソン:ピアノ、ヴァイオリンと弦楽四重奏のための協奏曲Op.21
演奏:ミシェル・ダルベルト(ピアノ)ルノー・カプソン(ヴァイオリン)エベーヌ四重奏団
5.グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調Op.16
演奏:ネルソン・フレイレ(ピアノ)アントニ・ヴィト指揮ワルシャワ・フィル

|

« LAの「行列の出来るホットドッグの店」の新メニュー(?) ドゥダメル・ドッグ | Main | パヴァロッティのトリノ五輪開会式でのトゥーランドットは口パクだった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 去年の本家ナント「熱狂の日」の演奏がウェブラジオで立て続けにオンエア:

« LAの「行列の出来るホットドッグの店」の新メニュー(?) ドゥダメル・ドッグ | Main | パヴァロッティのトリノ五輪開会式でのトゥーランドットは口パクだった »