« アファナシエフ「死と愉しみ」 | Main | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン キッズ・プログラムの概要発表 »

2008.03.30

桜は満開 広響も満開

Taihen_yoku_dekimasita 昨日は広島交響楽団を聴きに、すみだトリフォニーに行ってきました。コンサート前に近くの公園にふらりと立ち寄ったのですが、桜は満開で、木々の下では「今から酒を飲みますよ~」的にスタンバイしておられる方が大勢おられました。私もつかの間の花見を楽しませてもらい、コンサートに臨んだわけですが、こちらも見事な満開でしたね。あの、「たいへんよくできました」ていう桜の花びらをモチーフにしたハンコがあるじゃないですか。あれを(僭越ですが)昨日の広島響の演奏に進呈したいです。まあ音楽はグリーグにシンディングにスヴェンセンと「北欧づくし」で桜とは縁遠いのですけど(笑)、ともかく良かったです。秋山和慶のタクトの下、広島響のアンサンブルも実にまとまっていましたし、曲のもつ良さを存分に味わうことができました。あれだけ北欧モノをきちんと音楽として提示できるオケって、なかなか稀有な存在ではないでしょうか。わざわざノルウェーまで行かなくても北欧気分が味わえましたよ。これからも「北欧モノといえば広響」という路線で突き進んで頂きたいものです。

 それからシンディング「ヴァイオリン協奏曲第1番」のソリストとして登場したヘンニング・クラッゲルードですが…。彼はもう「たいへんよくできました」なんてレベルを超越してスゴかったです。テクニックの安定感もさることながら、多彩な音色にも魅了されっぱなしで…。「こんな音もヴァイオリンで出せるのか!」と驚くこともしばしばでした。あんな透明な音色のG線のハイポジションは初めて聴きました。もちろん「コク」が求められる場面ではG線のハイポジション「らしい」音色も出してましたし、ともかく驚愕の音の表現力でした。素人っぽい言い回しで申し訳ないのですが、「生演奏で聴いたヴァイオリン奏者の中で一番うまい!」と思いました。
 ただ惜しむらくは、ステージは満開状態だったにも関わらず、会場の入りが「五分咲き」程度だったことでしょうか。花見シーズンですからね、仕方ないですね。そんな私は「花よりオーケストラ」だったということで(笑)。

(Program Note)
「地方都市オーケストラ・フェスティバル2008」
Violin: Henning Kraggerud
Hiroshima Symphony Orchestra
Conductor: Kazuyoshi Akiyama
Date: March 29, 2008
Venue: Sumida Triphony Hall

1.Grieg: Lyric Suite for orchestra Op.54
2.Sinding: Violin Concerto No.1
3.(Encore) Ole Bull: La Mélancolie 'In Moments of Solitude'
4.Svendsen: Symphony No.2 in B flat major Op.15
5.(Encore) Grieg: Two Elegiac Melodies Op.34 - The Last Spring

|

« アファナシエフ「死と愉しみ」 | Main | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン キッズ・プログラムの概要発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 桜は満開 広響も満開:

« アファナシエフ「死と愉しみ」 | Main | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン キッズ・プログラムの概要発表 »