« 渋谷で散財 そしてハレ管150周年 | Main | グラミーお金かかってるなぁ »

2008.02.12

YouTubeで見るクラシック演奏家のスゴ技の数々

 ここで唐突ではありますが、当ブログでは久しぶりとなる「YouTubeで見るクラシック音楽動画」の特集です。世間はすっかりニコニコ動画で「みっくみく」になってますが、YouTubeもまだまだあなどれません。世界最大の動画投稿サイトには、現在も続々と動画が投稿されています。そんな中で私が「おおっ!これはスゴイんじゃないの~」と思わず身を乗り出した動画をいくつかご紹介。

 まずはグスタフ・マーラー・ユーゲント管の12人のチェリストたちの妙技を。

 これは一体、どんなシチュエーションで撮影されたものなのでしょうか。パーティ会場みたいですけどね。曲目はドヴォルザーク「スラヴ舞曲第1番Op.46-1」です。

 お次はヴィヴァルディ「四季」から「夏」の第3楽章ですが…↓

 ファゴット奏者がソロを吹いてますね…。Zsófia Veronika Stefánさんという方ですが、なかなかやるじゃないですか。ちなみに第1楽章第2楽章の動画もあります。

 次はショパン・コンクールの入賞者、ジェフリー・スワン(→Wikipedia)によるマーラーの珍しいトランスクリプションです。

「交響曲第3番」第2楽章イグナツ・フリードマンが編曲したものです。中間部の鮮やかさといい、主部の愛らしさといい、思わず聞きほれてしまいます。そしてアレンジも見事ですね。オリジナルの可憐な雰囲気そのままに、なかなかピアニスティックな小品に仕上がっています。ところで動くジェフリー・スワンを私は初めて見ましたが、なんといいますか想像していたのと違って随分と(以下自主規制)

 次は20世紀音楽です。リゲティの「6つのバガテル」。木管五重奏アンサンブル「カリオン」が演奏します。

 これは何気にすごいんではないでしょうか。なんか5人の奏者みんな上手いし。あと曲に合わせて奏者も動くしカメラも動くしで、動画としても結構見ごたえあります。クオリティ高し。この続きはこちらこちらで見れます。

 最後は大スター、ナタリー・デセイにご登場いただきましょう。曲はバーンスタイン「キャンディード」から「Glitter And Be Gay」です。どうぞ。

|

« 渋谷で散財 そしてハレ管150周年 | Main | グラミーお金かかってるなぁ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference YouTubeで見るクラシック演奏家のスゴ技の数々:

« 渋谷で散財 そしてハレ管150周年 | Main | グラミーお金かかってるなぁ »