« 思いがけず江藤俊哉氏の生前の姿を拝見する | Main | お詫びと訂正 »

2008.02.02

フアン・ディエゴ・フローレス 魚の骨がノドに刺さり舞台降板

 テノール歌手のフアン・ディエゴ・フローレス(35)が先日、シカゴ・リリック・オペラ「セビリアの理髪師」を「咽頭部の炎症」を理由にキャンセルしました。オペラ歌手の場合、「ノドの病気で降板」イコール「カゼ」ですが、今回の喉の異常を来たした原因は、ノドに刺さった魚の骨でした(参照1)。イタリア・パルマで「キング・オブ・テノール」を診察した医師によると、今年3月上旬までの加療が必要だということです。ということは「全治1ヶ月」ですか。たかが魚の骨で、そんな大事になるとは…。降板云々よりも、そのことが一番の驚きです。
 日本ではよく、のどの骨が刺さったら「ごはんを丸呑みしなさい!」と云われますが、ヨーロッパでは白いメシはアジアンフードの店に行かないと食べられないでしょうし、リゾットなどでは到底丸呑みなんてできやしません。やっぱり医師の診察が第一選択でしょうか。もっとも日本でも、魚の骨がノドに刺さったときは「耳鼻科の専門医の診察を受けた方がよい」ということのようです(参照2)。皆様も魚を食べる際には、くれぐれも骨には十分注意してくださいね。でもさんまの骨ってうまいんだよなぁ。

|

« 思いがけず江藤俊哉氏の生前の姿を拝見する | Main | お詫びと訂正 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フアン・ディエゴ・フローレス 魚の骨がノドに刺さり舞台降板:

« 思いがけず江藤俊哉氏の生前の姿を拝見する | Main | お詫びと訂正 »