« デイヴィッド・ギャレット 滑って転んでストラディバリウスを大破させる | Main | バリトン »

2008.02.16

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」2008のプログラム発表後24時間における心理状態の記録

 今年5月に東京国際フォーラムで開催される「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」熱狂の日音楽祭2008のプログラムが発表されました。昨日それを眺め始めてから今まで、私の心に様々な思いが去来しました。ツッコミを入れたり、喜んでみたり、そして考え込んだり。以下のエントリは、そんな私の心の軌跡です。

【第一期】ツッコミ期~なんでやねん!?~

Nandeyanen_6 なんでシューベルトがテーマなのに「大地の歌」やるねん!?なんでシューベルトがテーマなのにバッハとか「モツ・レク」やるねん!?ついでに公式ポスターの人はなんで青いスニーカー履いてんの!?なんで!?!?なんで!?!?(←ザブングル風)                                                                                                                                                              
【第二期】狂喜乱舞期~祭りだワッショイ!~

Hana_bi でもナントのプログラムを見て「これ日本でもやって欲しいなぁ」と思ってた演目のほとんどが日本でも見れて嬉しいなぁ。ツァハリアスは来るし、イヴァルディ教授も来るし、ダルベルトもブラレイも来るし、ヘンドリックスもガンツもホルツマイアーも来るし。常連のケフェレックミシェル・コルボも当然のごとく来日するし、私が去年聞けなかったラーンキも来るし。あとスチールドラムの「レネゲイズ」や若手指揮者クワメ・ライアンも楽しみ。企画ものでは「1828年3月26日のコンサート」も日本でやってくれて嬉しいのなんの。
 あと日本でしかやらないコンサートも結構たくさんあって面白そう!そのなかでも注目は白井光子の「冬の旅」でしょう!白井さんの「冬の旅」が2000円って…。これはもの凄いチケット争奪戦になりそう!ネットオークションでプレミア付くぞ絶対。いやー「ルネ・マルタンは声楽曲が苦手」かどうか知らんが、ナントでは歌曲成分少なめでしたからね。「東京でもこの調子なら、ちょっと物足りないぞ」と思ってたんですよねぇ。誰が何と言おうと、シューベルトといえばやっぱり歌曲は外せないすから!他にも吉田浩之(テノール)と鈴木大介(ギター)の「美しき水車小屋の娘」全曲演奏も用意されてるし。あー嬉しいな嬉しいな。熱狂祭りだワッショイ!ワッショイ!


                                                                        
【第三期】沈思黙考期………(緘黙状態)………

Le_penseur しかし何てことだ…。今年の「熱狂の日」最大の注目公演の白井光子「冬の旅」だけど、新国立劇場「軍人たち」プレミエと日程重なってるよ…。オペラは2時開始で4時半終了予定。「冬の旅」は4時45分開始か…。初台から有楽町まで15分で行けるわけないじゃんか!でもオペラのチケット、もう買っちゃったからなぁ。ああ…、私としたことが…。しかもこの時間帯(5/5の昼)、「熱狂の日」はいい演目が並んでるんだな…。ラーンキの「ピアノソナタイ短調D845」があるし、堤剛とミケランジェロSQの「弦楽五重奏曲」も気になるし、「冬の旅」のウラにはバーバラ・ヘンドリックス&デルウィンイェルの歌曲集もあるし…。うーん、困った。ちょっと早まったかも。しかしプログラムを眺めてると、5日のが一番面白そう。その次が最終日の6日だな。17時以降なんて、本当に面白そうなものが並んでる。ものすごく迷ってる。フレンズ先行の発売日、2/23(土)までに決められるだろうか…。だめだ…、決める自信がない………(おかかさん長考に入りました)………。


|

« デイヴィッド・ギャレット 滑って転んでストラディバリウスを大破させる | Main | バリトン »

Comments

ありがとうございます! カプソン兄弟はアルゲリッチのルガーノフェスティバルに出てた方ですね。早速買ってみます。

Posted by: アムロ | 2008.02.17 at 10:57

>アムロ様

「特にコレ」というのはありませんが、カプソン兄弟とのピアノ三重奏がよろしいのではないかと思います。

Posted by: おかか1968 | 2008.02.17 at 07:45

ご返答ありがとうございます。
ツァハリアスはドイツ古典派ですかー。 モーツァルトの全集とか録音してましたよね。
ブラレイはリリースの数が少ないのでどれを聴こうか迷ってます。 お勧めはありますか?

Posted by: アムロ | 2008.02.16 at 19:19

アムロさまこんばんは。

私もこの3人、実演はまだです。ラーンキは去年聞き損ねてしまったので、今年は是非にとは思ってるのですが、果たして…。

ツァハリアスとブラレイは、CDなどで聞いたことはあります。しかしCDと実演とで演奏の印象が異なる、ということがよくありますから、何とも申し上げにくいですね。申し訳ありません。

ただ一般的には「ブラレイはフランスものが得意」「ツァハリアスはドイツ古典派に定評がある」と言われてますね。

Posted by: おかか1968 | 2008.02.16 at 18:29

こんばんは。今年もまた熱い5月がやってきますね。
気になったピアニストがいますがラーンキ、 ツァハリアス、 ブラレイはそれぞれどんなピアノを弾かれるのでしょうか? 名前は知ってましたがまだ実演もCDでも聴いたことがありません。

Posted by: アムロ | 2008.02.16 at 18:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24023/40142177

Listed below are links to weblogs that reference 「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」2008のプログラム発表後24時間における心理状態の記録:

« デイヴィッド・ギャレット 滑って転んでストラディバリウスを大破させる | Main | バリトン »