« やっぱり行くのか…。ニューヨーク・フィル、平壌へ | Main | 最近聴いたCDなど »

2007.12.11

来年の「ラ・フォル・ジュルネ」で細川俊夫らの新作が初演

Schubert_nantes2008  来年1/30~2/3に開催される「ラ・フォル・ジュルネ2008」(フランス・ナント)の公式サイトが、いつの間にかオープンしていました。まだ公演プログラムの発表などはありません(発表は今月20日頃の予定)し、情報量としては僅かなものではあるのですが、同サイトにあるシューベルトについての紹介文の中に、重要な情報が隠されていました。その文章をここで勝手に引用いたします↓

...C’est pourquoi, et pour la première fois dans l’histoire de La Folle Journée, trois compositeurs ont été invités à écrire une oeuvre d’après une pièce précise de Schubert ou dans l’esprit du grand musicien viennois : les Japonais Dai Fujikura, Toshio Hosokawa et le Français Bruno Mantovani ont accepté l’invitation.

(以上引用おわり)

 フランス語は全くチンプンカンプンな私ですが、日本人作曲家の名前があること位はわかります(笑)。つまり、かねてからルネ・マルタン氏が予告していた「シューベルトにインスパイアされた新作」の委嘱作曲家たちの名が明らかになったのです。すなわち「ラ・フォル・ジュルネ」で藤倉大、細川俊夫、そしてブルーノ・マントヴァーニの三氏による新曲が発表される、ということです。これらの新作は恐らく、来年5月に東京国際フォーラムで開催される「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」でも演奏されることでしょう。
 ナントの音楽祭が来月に迫っていますから、すでに作品は完成しているのでしょう(きっと)。うーん、どんな仕上がりなんでしょうか。楽しみです。

|

« やっぱり行くのか…。ニューヨーク・フィル、平壌へ | Main | 最近聴いたCDなど »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 来年の「ラ・フォル・ジュルネ」で細川俊夫らの新作が初演:

« やっぱり行くのか…。ニューヨーク・フィル、平壌へ | Main | 最近聴いたCDなど »