« あの泥棒はノーノのCDだけを盗んでいきました | Main | 食欲の秋に「のり天わさび」の不在を嘆く »

2007.11.03

ピアニストからサッカー選手に転身し、引退後再びピアニストになったイスラエル人

 昨日付の「ニューヨーク・タイムズ」紙が、本日(11/3)カーネギー・ホールでリサイタルを開くエリシャ・アバス(35)を取り上げています(→参照)。この聞き慣れない名前のピアニスト、実はすごい経歴の持ち主なのです。

 エルサレムで生まれ、4歳で周囲からピアノの才能を認められたアバスは、若くしてイスラエルの代表的なピアニストで名教師でもあるプニーナ・ザルツマン(1922-2006, →Wikipedia)の門下生となります。その後もめきめきと腕を上げた彼は、アルトゥーロ・ルービンシュタインの前で演奏する機会に恵まれます。アバスの演奏に感激した老巨匠は、小さな名手にロレックスをプレゼントしたといいます。
 アバスのピアニストとしてのハイライトは、11歳のときに訪れます。1983年12月にカーネギー・ホールで行われたルービンシュタインのトリビュート・コンサートで、アバスはバーンスタインと共に舞台に立ち、ショパンのワルツ、ノクターン、マズルカを披露しました。このコンサートのレビュー記事では、当時の彼の演奏を以下のように紹介しています。

"...The playing was just as it should have been; in other words, its exaggerations of phrase and abrupt changes of tempo and dynamics were the natural product of a talented child joyously playing a new game called ''music interpretation.'' Young Mr. Abas seemed so at ease and so enjoying himself that one could scarcely call this pressure-filled Carnegie Hall exposure a case of child exploitation. Still, one hopes that he will be allowed his remaining years of childhood and not pushed too far too quickly..."

 「ショパン演奏はかくあるべきだ、という条件を満たした演奏」「緊張感に満ちたカーネギー・ホールのなかで、彼はすごくリラックスして演奏を楽しんでいた」と書かれています。
 この後も12歳でメータ指揮イスラエル・フィルと共演するなど、コンサート活動を続けていたアバスですが、14歳のときに突然、精神的不調と全身の痛みに苦しめられるようになります。「神経症」と診断され、休息をすすめられた彼は、ピアニストとしての活動休止を余儀なくされました。
 ここまでなら、よくある「神童を襲った悲劇のストーリー」なのですが、アバスの人生が面白いのはここからです。その後の彼はサッカーに興味を示すようになり、やがて猛練習の末にプロサッカー選手にまで登り詰めるのです。アバスは「ピアノ練習で身に付いた勤勉さが、サッカーの練習にも役に立った」と述べています。彼はイスラエルのクラブチーム、ハポエル・アクレ(→Wikipedia)のDFとしてプレーし、2000/01シーズンには公式戦でゴールも決めています。イスラエル3部リーグの同シーズン第25節の試合結果を見ると、確かに「Elisha Abas」の名前があります(余談ですが、このときのアバスのゴール、後半終了直前の劇的同点弾ですね。なにげに凄い)。
 2001年にサッカー選手を引退したアバスは、コンサート・ピアニストとしてのキャリアを復活させるべく、再度ザルツマンの教室の門を叩きます。2006年に師の逝去を病床で看取ったあと、彼はアメリカに本拠地を移し、小ホールなどでの地道なコンサート活動を経て、ついに24年ぶりにカーネギー・ホールに帰ってきた、というわけです。
 アバスの公式サイトでは、彼の最近の演奏の一部(ラフマニノフ、リスト、ショパンなど)を聞くことができます(→こちら)。私も聞いてみましたが、ザルツマンに師事した片鱗が伺えるというか、なかなか堂々たる演奏ぶりでした。

(関連動画)

12歳のときのアバス。メータ指揮イスラエル・フィルとモーツァルト「ピアノ協奏曲第23番」を演奏しています。

現在のアバス。完全に「現役を引退した元サッカー選手」的風貌です。

|

« あの泥棒はノーノのCDだけを盗んでいきました | Main | 食欲の秋に「のり天わさび」の不在を嘆く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ピアニストからサッカー選手に転身し、引退後再びピアニストになったイスラエル人:

» ピアニストがサッカー選手になった例がある件 [裏planet b.]
ピアニストとサッカー選手という仕事が1人の人間にできる仕事だとは考えにくいですが、実際にそれを成し遂げた人物がいたというから驚きです。 彼の名はエリシャ・アバス(Elisha A... [Read More]

Tracked on 2007.11.29 19:57

« あの泥棒はノーノのCDだけを盗んでいきました | Main | 食欲の秋に「のり天わさび」の不在を嘆く »