« クレメンス・クラウス「リング」のmp3 米アマゾンでの大廉売終了 | Main | ドレスデン国立歌劇場来日公演「タンホイザー」「ばらの騎士」の指揮者が変更に »

2007.10.05

コヴェント・ガーデン歌劇場がYouTubeでスタッフ募集

 ロンドンの「ロイヤル・オペラ・ハウス」(→公式サイト)が先月から、スタッフを募集するプロモーションビデオをYouTube上にupしています。ビデオは6パターンあり、各ビデオには実際に歌劇場で働いているスタッフが1名づつ登場し、音楽に合わせて踊ったり、「オー・ソレ・ミオ」を歌ったりしています。

↑ノリノリの舞台技術スタッフ。

↑ナポリ民謡を歌うIT担当。

 ビデオの最後の方に写し出される「a href="http://www.royaloperahousejobs.com/">www.royaloperahousejobs.com/」とは、コヴェント・ガーデンの求人広告サイトのURLです。日本だとTV-CMの最後に「続きはWebで」というメッセージが流れることがよくありますが、こちらはCMも「続き」もWeb上で展開しているわけです。

 しかしこのPVを見て少し気になるのは、なんかオペラハウスっぽいムードが余り感じられないというか、それこそウエスト・エンドのミュージカル劇場の名前が最後に映し出されたとしても、全然違和感がないんですよね。オペラパウス側としては「だれでもお気軽にどうぞ」的ムードを演出するために、わざとクラシック臭を消してるんでしょうけど。でも大札はたいてオペラを見に行く私としては、オペラハウスは隅から隅まで「オペラ」であって欲しいな、と思うんです。そしてチケットの「もぎり」から裏方まで、スタッフはみんな「オペラ好き」でいて欲しいのです。これを見てスタッフになろうと思う人たちが、みんなオペラ好きだったらいいな、と勝手なことを思ったりしています。

(参照)
Brand Republic. Royal Opera House launches recruitment drive on YouTube. (October 4, 2007)

|

« クレメンス・クラウス「リング」のmp3 米アマゾンでの大廉売終了 | Main | ドレスデン国立歌劇場来日公演「タンホイザー」「ばらの騎士」の指揮者が変更に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24023/16663361

Listed below are links to weblogs that reference コヴェント・ガーデン歌劇場がYouTubeでスタッフ募集:

» credit score enhancer [credit score enhancer]
abduction nausea messily federally mandated free credit report [url=http://www.ficoscoresdot.com/29967.html]federally mandated free credit report[/url] http://www.ficoscoresdot.com/29967.html [Read More]

Tracked on 2007.10.21 at 12:22

« クレメンス・クラウス「リング」のmp3 米アマゾンでの大廉売終了 | Main | ドレスデン国立歌劇場来日公演「タンホイザー」「ばらの騎士」の指揮者が変更に »