« ドレスデン国立歌劇場来日公演「タンホイザー」「ばらの騎士」の指揮者が変更に | Main | 「BARKS+plus ~クラシックとジャズの女神たち~」を見る »

2007.10.06

お金さえあれば、ゲルギエフ&マリインスキー管がプライヴェート・コンサートを開いてくれるらしい

 アメリカの高級百貨店「ニーマン・マーカス」(→公式サイト)が、今年のクリスマス商戦の「目玉商品」の一つとして指揮者ワレリー・ゲルギエフ(54)とマリインスキー歌劇場管弦楽団によるプライヴェート・コンサートの権利を売りに出していることが判りました。同社のクリスマスカタログによると、コンサート・プログラムは(クリスマスらしく)チャイコフスキーの「くるみ割り人形」組曲とピアノ協奏曲(第何番かは不明)。そして残りの一曲は、チャイコフスキーの曲なら何でもリクエストに応えて演奏してくれるそうです。コンサートにはピアニストのLola Astanova、そして司会進行役としてレジス・フィルビン(US版「クイズ$ミリオネア」の司会者)も同行します。購入者を含めて500人までなら招待客を呼んで良い、というこの演奏会の価格は159万ドル(約1億8590万円)。この商品がUS限定かどうかはよくわからないのですが、何れにしても「高過ぎるよ…」と呟きながらマリインスキーの来日公演チケットをファミマの端末で購入した、私のような人間には手が届かない価格です。

 でもニーマン・マーカスて、婦人向け高級雑貨だけじゃなく色んな商品を扱ってるんですね。カタログを見ているだけでも結構楽しめます。例えば手で触れて画面を操作できる大型モニタ「Media Wall」。「マイノリティ・リポート」気分が味わえそうです。そして個人的に惹かれるのが潜水艦「Triton 1000」(144万ドル)。私ダイビングなんて出来ませんし、それ以前にカナヅチなんですが、それでもきれいな海には潜ってみたいんですよね。うーん、宝くじに賭けてみますか。もしくはtotoビッグ(笑)。

(参照)
Soho the Dog. Around the World in Eighty Shopping Days Until. (October 3, 2007)

|

« ドレスデン国立歌劇場来日公演「タンホイザー」「ばらの騎士」の指揮者が変更に | Main | 「BARKS+plus ~クラシックとジャズの女神たち~」を見る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お金さえあれば、ゲルギエフ&マリインスキー管がプライヴェート・コンサートを開いてくれるらしい:

« ドレスデン国立歌劇場来日公演「タンホイザー」「ばらの騎士」の指揮者が変更に | Main | 「BARKS+plus ~クラシックとジャズの女神たち~」を見る »