« 「ルーシー・ショウ」に幕 | Main | 随分と思い切ったコンサートプログラム »

2007.09.12

ヴィエラ先生マーカル 辞意表明

Macal03

 日本に続いて、チェコから突然の辞任劇のニュースが入りました。指揮者ズデニェク・マーカル(または「マーツァル」「マカル」:71)が、チェコ・フィルの首席指揮者のポストから退くことを表明しました。まさに「青天の霹靂」ですが、その理由というのが、チェコ地元紙のマーカルに対する酷評で、彼は地元マスコミへの抗議の意思表明として辞任した、というので話題となっています。
 マーカルの辞任のきっかけになった記事は、今月7日プラハの新聞「Lidové noviny」に掲載されました。チェコ語で書かれたその記事の内容ですが、マカールのレパートリーの保守性を批判したもの、ということ以外は現在のところ手元に情報がありません。しかしともかく、マーカルはその記事にいたく立腹し、今月8日オーストリア・グラーフェネッグで行われるコンサート(→公式サイト)の準備のために行われたリハーサル後、辞意を表明したといいます。
 もっともチェコ・フィルの関係者によると、「マーカルは今後もプラハで仕事を続ける。録音や外国でのツアーも予定されている」とのことですが、ちょっと首を傾げたくなるようなニュースですね。

(参照)
PlaybillArts. Angry Over Bad Review, Conductor Zdenek Mácal Abruptly Quits Czech Philharmonic. (September 11, 2007)

|

« 「ルーシー・ショウ」に幕 | Main | 随分と思い切ったコンサートプログラム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヴィエラ先生マーカル 辞意表明:

« 「ルーシー・ショウ」に幕 | Main | 随分と思い切ったコンサートプログラム »