« 【不定期連載】全く役に立たないロシアピアニズム・ガイド⑤ スビャトスラフ・リヒテル | Main | レクサス交響楽団 »

2007.08.03

これだけ安けりゃ、つい手が出ちゃうわこりゃ

Stravinsky_22cd_box

 「Works of Igor Stravinsky」(ストラヴィンスキー・エディション:22CD-BOX, Sony Classical, →HMV/@TOWER.JP/amazon.co.jp)です。米CBS原盤によるストラヴィンスキー自作自演音盤が、132mm×132mm×58mmの箱にギッシリと収められています。店頭での購入価格は6200円。一枚あたり約280円です。二昔前に私がゲットしたストラヴィンスキー指揮の「春の祭典」海賊盤が1枚1000円だったわけですから、これこそまさに「正規軍による海賊征伐」ですね(笑)。


 22枚あるので普通なら「どれから聴こうかなぁ…」と迷える子羊状態になるところですが、私は迷わず「結婚」(Disc 3)から聴き始めました。「ラ・フォル・ジュルネ」で強烈なインパクトを受けた後、ウェブラジオでゲルギエフ&ロンドン響を聴き、そして猛暑の中で耳にする今年3度目の「結婚」。何度聴いてもオモロイ曲ですねコレ。
 さてこのストラヴィンスキーBOXの「結婚」、ピアノパートを(第一奏者から順に)ルーカス・フォス、アーロン・コープランド、サミュエル・バーバー、ロジャー・セッションズが務めていて、思わずその豪華さに目を見張るのですけど、このラインアップには理由があります。「結婚」が1926年に「ロシア・バレエ団」によりロンドンで上演されたとき、ピアノを演奏したのがヴィットリオ・リエティジョルジュ・オーリック、フランシス・プーランク、そしてヴラジーミル・ドゥケーリスキー(「ヴァーノン・デューク」名義で「Autumn in New York」を作詞・作曲したことで知られる)という、4人の作曲家たちだったのです。そのことを鮮明に憶えていたストラヴィンスキーが「そのときみたいに作曲家4人を揃えて『結婚』をレコーディングしようよ!」と言い出したので、このようなゴージャスな陣容になったということです。
 この話には後日談があります。1966年、ニューヨークで「兵士の物語」の演奏会が開催されました。作曲者自身が指揮したこのコンサートで語りを務めたのはコープランド。そして悪魔役はジョン・ケージで、兵士はエリオット・カーターが演じました。このキャスティングでの録音は残っておらず、当然CD-BOXにも入ってないのですけど、一度聞いてみたかったですね。

(8/4追記)記事の一部に誤りがありました。リエティ、オーリック、プーランク、デュークらによる「結婚」の上演は1926年、ロンドンでの出来事でした。お詫びと共に訂正いたします。

(8/4追記2)今年春ザルツブルグで開かれたストラヴィンスキーの写真展を、「Opera Chic」の管理人様がレポートしています。ギャラリーにある僅かな写真を見ているだけでも、会場の雰囲気が伝わってきます。

(参照)
On An Overgrown Path. Complete Stravinsky at a crazy price. (July 30, 2007)

|

« 【不定期連載】全く役に立たないロシアピアニズム・ガイド⑤ スビャトスラフ・リヒテル | Main | レクサス交響楽団 »

Comments

>ケージの悪魔!
ホントにハマりすぎですね。この配役でレコーディングが行われなかったのが残念です。

Posted by: おかか1968 | 2007.08.04 04:46

ケージの悪魔! 何だかはまり過ぎのような気が。。。

Posted by: ガーター亭亭主 | 2007.08.03 22:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference これだけ安けりゃ、つい手が出ちゃうわこりゃ:

« 【不定期連載】全く役に立たないロシアピアニズム・ガイド⑤ スビャトスラフ・リヒテル | Main | レクサス交響楽団 »