« 真夏の夜のノクターン(2) | Main | 真夏の夜のノクターン(4) »

2007.08.12

真夏の夜のノクターン(3)

Sibelius_humoresques 暑い日の夜だから、次は北欧音楽にしましょう、ということでシベリウスのCDを取り出す私。
 CDプレーヤーのトレイに乗せたのは「ヴァイオリンと管弦楽のためのユモレスク集」(BIS; BIS-CD-472)。シベリウスといえば何といっても「ヴァイオリン協奏曲」が有名で、「ユモレスク集」はその陰に隠れた脇役的存在です。でもこの脇役たちが実に良い味を出してるんです。
 6曲はそれぞれ異なった音楽的キャラクターを持っています。舞踊的な作品もあれば、シベリウスならではの瞑想的な曲もあります。どの曲も決してソリストのためだけのショー・ピースに陥らない、良く書けた音楽なのですが、曲の端々に「親しみやすさ」も感じさせます。このあたりにこの曲独特の魅力があるようです。
 曲の魅力をさらに倍加させているのが、独奏のドン=スク・カンです。彼の甘美な音色のヴァイオリンは、耳にすごく馴染みますし、親しみやすい「ユモレスク」との相性も良いと思います。このヴァイオリニストは現在、音楽界で華々しい活躍を見せているわけではありませんが、地元韓国はもちろん、日本でもコンサートに登場したりしているようです。一度生で聞いてみたいアーティストの一人です。

|

« 真夏の夜のノクターン(2) | Main | 真夏の夜のノクターン(4) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 真夏の夜のノクターン(3):

« 真夏の夜のノクターン(2) | Main | 真夏の夜のノクターン(4) »