« 真夏の夜のノクターン(4) | Main | 真夏の夜のノクターン(6) »

2007.08.13

真夏の夜のノクターン(5)

 次はマリア·カラスの「椿姫」です。

Callas_traviata_lisbon_pearl カラスが1958年3月、リスボンはサン·カルロ劇場で歌った「椿姫」ライヴ録音は、オペラ·ファンの間で評価の高い名演として知られています。
 このときのライヴ録音は、これまで長らくEMIレーベルからリリースされていたのですが、新しい原盤からリマスターしたCDが英Pearlレーベルからリリース(→HMV.co.jp)されたことを「クラシックジャーナル」の最新号で知りました。同誌で山崎浩太郎氏が「EMI盤よりもはるかに音がいい」と書いていたので「どんだけやろ?」と思って購入してみたのですが、実際に聞いてみて「どんだけ~?」と言いたくなりました(笑)。ほんとに全然音が違います。EMI盤と比較視聴するのも時間の無駄に感じられるほど、その差は歴然としています。これだけ良い状態の録音が残されていたのなら、「どうして最初からこのテープでレコードを出してくれなかったのだろう」とEMIに強い疑念を抱いてしまいます。ともあれ全盛期と言われる「50年代のカラス」が、良い録音状態で聞けるようになったのは良いことです。そういえば最近、彼女の「ルチア」のMETライヴも海外ウェブラジオでオンエアされ、そちらも随分といい音でした。もしかしたらカラヤン指揮のベルリンでの1955年ライヴの方も、放送局に眠るマスターテープは良い音なのかもしれませんね。
 さて、これだけ高音質で聞くと、カラスだけでなく、他のキャストの歌唱にもつい聞きほれてしまいます。マリオ·セレーニの重厚なジェルモンは見事の一言ですし、当時新進気鋭のテナーだったアルフレート·クラウスの若々しい声には、初々しさすら感じます。そしてなんといってもカラスのヴィオレッタ。第1幕での他を圧倒する歌唱はEMI盤でも強く印象に残ったのですが、Pearl盤では第3幕に強く惹かれました。ここでのカラスの歌唱は実に脆弱で、そして痛切なものです。この好対照の演技っぷりは、まさに「女優」そのものです。

|

« 真夏の夜のノクターン(4) | Main | 真夏の夜のノクターン(6) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 真夏の夜のノクターン(5):

« 真夏の夜のノクターン(4) | Main | 真夏の夜のノクターン(6) »