« 「クラシックジャーナル」がラ・フォル・ジュルネを取り上げた | Main | エレーヌ・グリモー 不整脈でコンサートを途中降板 »

2007.06.21

R・シュトラウス vs ホフマンスタール

 R・シュトラウス作曲のオペラ「ばらの騎士」の脚本を書いたホフマンスタールの遺族が、シュトラウスの遺族を訴えました。ホフマンスタール氏側は「『ばらの騎士』『エレクトラ』などの作品を上演する際にシュトラウス氏側に支払われる印税が、我々に分与されないのはおかしい」と声を上げたのです。

 この件の背景には「著作権の保護期間」を巡る、少しややこしい事情があります。フーゴ・フォン・ホフマンスタールの没年は1929年。一方リヒャルト・シュトラウスは1949年に亡くなっています。このためホフマンスタールの文学作品はすでにパブリック・ドメインなのですが、シュトラウスの音楽はEUの定める「保護期間70年」の適応を受けることになります。今回ホフマンスタールの遺族は「2人の間には生前『印税収入は2人で分ける』という合意文書が交わされている」ことを盾に、「我々にも印税を分与される権利がある」と主張したのです。

 先日ミュンヘンの裁判所は、2人が関わった作品の印税を受け取る権利がホフマンスタールの遺族たちにもあると認めました。ただ同氏の歌詞が含まれないもの(例えば「ばらの騎士」組曲)をコンサートで演奏したときの著作権収入、そしてレコード印税に関してはホフマンスタール氏側への分与を認めない、という判決を下しました。
(参考)
Globe and Mail. Strauss family must pay Rosenkavalier royalties. (June 14, 2007)

|

« 「クラシックジャーナル」がラ・フォル・ジュルネを取り上げた | Main | エレーヌ・グリモー 不整脈でコンサートを途中降板 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference R・シュトラウス vs ホフマンスタール:

» リヒャルト×ホフマン [ple-mle]
オペラを例に出したことで思い出した。印税がらみの争いで、リヒャルト・シュトラウスの遺族をホフマンスタールの遺族が訴えたそうだ。日本語で読める情報では以下が詳しい。 「おかか1968」ダイアリー : R・シュトラウス vs ホフマンスタール http://okaka1968.cocolog-ni... [Read More]

Tracked on 2007.07.18 01:01

« 「クラシックジャーナル」がラ・フォル・ジュルネを取り上げた | Main | エレーヌ・グリモー 不整脈でコンサートを途中降板 »