« ドゥダメルってやっぱり… | Main | シドニー・オペラハウスがユネスコ世界遺産に »

2007.06.29

The Juilliard Manuscript Collection

 アメリカの投資家Bruce Kovner氏が、自らの楽譜コレクションをジュリアード音楽院に寄贈したニュースは、当ダイアリーでも以前お伝えしましたが、この度コレクションの一部が電子化され、同音楽院の公式サイトから閲覧できるようになりました。
 この「The Juilliard Manuscript Collection」では現在、ブログでも話題にしたベートーヴェン「大フーガ」の四手ピアノ版(作品番号134。この楽譜はベートーヴェンの生涯最後の年に書かれた)、ブラームス「ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲」(作品102)、フルトヴェングラー「交響曲第2番」の自筆譜(一部だけなのが残念…)、マーラー「交響曲第9番」第1楽章の原稿、オッフェンバック「パリの生活」(未出版原稿を含む)、プーランク「愛の小径」、パーセル「ディドとエネアス」&「テンペスト」、ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」(実際の演奏に使われたため、作曲者だけでなくストコフスキーやワルターら、指揮者による書き込みがある)、シューマン「交響曲第2番」を初めとする、多数の原稿や自筆譜を「無料で」見ることができます。
 この楽譜の中で、とりわけ興味深いものが2点あります。一つはワーグナー「ジークフリート牧歌」の楽譜。1ページ目の上の方には、作曲家自身の手によって「Sinfonie」という字が消され、その上に「Siegfried-Idyll」と書き加えられた跡があります。もう一つはコープランド「エル・サロン・メヒコ」のピアノ編曲版。このアレンジは若き日のレナード・バーンスタインが行ったのですが、彼は楽譜の余白に、作曲家の姿を面白おかしく描いています。それがどんな絵かというと…↓

Copland_by_bernstein02

 ナウシカに出てくる巨神兵かと思いました。

|

« ドゥダメルってやっぱり… | Main | シドニー・オペラハウスがユネスコ世界遺産に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Juilliard Manuscript Collection:

« ドゥダメルってやっぱり… | Main | シドニー・オペラハウスがユネスコ世界遺産に »