« 鳥の歌とレスピレーター | Main | ロバート・キング受刑者 収監 »

2007.06.03

ターンテーブルと管弦楽のための協奏曲

先ずはYouTubeの動画で「ターンテーブルと管弦楽のための協奏曲」のサワリをお楽しみください。作曲したのはゲイブリエル・プロコフィエフ(Gabriel Prokofiev)、演奏はヘリテイジ・オーケストラ(→公式サイト)とDJ Yodaです。

 なんか作曲家の名前が気になりますけど、ゲイブリエルの曽祖父は、なんとアノ、7つの交響曲と5つのピアノ協奏曲を始め、数々の作品で知られるセルゲイ・プロコフィエフなのです(本当です)。ゲイブリエルはこれまでも「バスクラリネット、ピアノ、弦楽三重奏とDJのためのダンス」なる作品を発表したり、クラブに出向いて自作を披露するなど、クラブ・カルチャーに強い関心を持っています。曽祖父セルゲイはかつてシチェドリンに作曲の極意を尋ねられて「それは、いかに聴衆を驚かすかという事だ」と答えたといいます。作風は異なれど、 DNAは確実に曾孫にも伝わっているような気がします。

(参考)

Prokofiev goes clubbing.
(Daily Telegraph, March 2, 2004)
Orchestral manoeuvres after dark. (Daily Telegrah, August 31, 2006)
Blackheath Halls - Contemporary Music Group & DJ Yoda
Wikipedia - セルゲイ・プロコフィエフ

|

« 鳥の歌とレスピレーター | Main | ロバート・キング受刑者 収監 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ターンテーブルと管弦楽のための協奏曲:

« 鳥の歌とレスピレーター | Main | ロバート・キング受刑者 収監 »