« ネット情報落ち葉拾い | Main | ネットを彷徨えば いつか見つかる 音楽ファイル »

2007.06.23

結局ブッシュもブレアも表舞台に

 ミラノ・スカラ座での「キャンディード」上演を巡るゴタゴタ劇については、当ダイアリーでも何度かお伝えしましたが、今月20日、その「キャンディード」がついにスカラ座で上演されました。当初改変が懸念された「5カ国首脳が水着でご登場」のシーンは、今回のミラノ公演ではカットを免れたようです。ただベルルスコーニ役の下着が、シャトレ座では露出度の高い競泳用水着だったのが、ミラノでは若干「おとなしくなる」など、微妙な改変はあったようです。その代わりといっては何ですが、ローマ・カトリックを風刺する場面(キャンディードが南アフリカで司祭たちに出会うシーン。今回の公演では場所が「サンタ・フェ」に変えられた<えっ!?)はミラノでは丸々カットされました。
 さて当ダイアリーではこれまで、このシーンのことしか話題にしていませんでしたが、レトロなテレビを模した舞台装置、マリリン・モンローを彷彿とさせるクネゴンデの衣装、舞台背後にズラリと並ぶKKK団的な方々といったロバート・カーセンの「1950年代アメーリカン」な演出は現地で話題となりましたし、オリジナルには無いヴォルテール役に映画俳優のランベール・ウィルソン、オールドレディ役に「あの」キム・クリスウェルを配したキャスト陣も興味深いところであります。
 スカラ座のプレミエは幕が下りたあと拍手が10分間続き、イタリアの一般誌もこぞって高評価だそうです。中身の是非はともかく、上演して良かったんじゃないでしょうか<スカラ座総裁様。

(参考)
PlaybillArts. Controversial Staging of Candide, Canceled and Reinstated by La Scala, Opens in Milan. (June 21, 2007)

(※)スカラ座との一騒動も記憶に新しいブログ「Opera Chic」の管理人様が、ミラノでのプレミエにかけつけ、ブログで詳細なレビューをupしています。彼はカーセンの演出に反戦のメッセージが残されていることは評価しつつも、刺激的な演出によって「バーンスタイン的」な要素が陰に追いやられたことを問題視しています。

|

« ネット情報落ち葉拾い | Main | ネットを彷徨えば いつか見つかる 音楽ファイル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 結局ブッシュもブレアも表舞台に:

« ネット情報落ち葉拾い | Main | ネットを彷徨えば いつか見つかる 音楽ファイル »