« R・シュトラウス vs ホフマンスタール | Main | マリオ・ブルネロ 富士山頂でバッハを演奏する »

2007.06.21

エレーヌ・グリモー 不整脈でコンサートを途中降板

 ピアニストのエレーヌ・グリモー(37)が先週日曜日、ロサンゼルスでのリサイタルを体調不良のため途中降板しました。彼女は不整脈のため、当日も医師の診察を受けていましたが、演奏中めまいを感じたため演奏を中断したものです。37歳で心臓の病気とは心配ですね。くれぐれもお大事に。
(参考)
Los Angels Times. Ailing pianist Hélène Grimaud ends recital early. (June 19, 2007)

|

« R・シュトラウス vs ホフマンスタール | Main | マリオ・ブルネロ 富士山頂でバッハを演奏する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エレーヌ・グリモー 不整脈でコンサートを途中降板:

« R・シュトラウス vs ホフマンスタール | Main | マリオ・ブルネロ 富士山頂でバッハを演奏する »