« 音に触れた日 | Main | エルガー生誕150周年 »

2007.05.30

舟はどこへいった

フィンランドの作曲家、ジャン・シベリウスは晩年周囲にこう漏らしたといいます。

 「うまく拵えた作品はこの世に無数に存在する。しかしそれらはただ音符が記されているに過ぎない。そこには内面の世界が欠けている。彼らは立派な造船所を建てた。だが船はどこだ?」

 シベリウスが20世紀の作曲界に投げかけた(と思われる)この言葉は、どこか現代の演奏家たちにも当てはまるような気がします。「正確で破綻の欠片もないアンサンブル…。だがしかし何か物足りない…」という体験は、割とよくあることです。そんなときの私は、まさに「舟はどこだ!?」状態になるわけです。

Collins_sibelius01  アンソニー・コリンズが1950年代前半に英デッカに残したシベリウスの録音のうち、交響曲全7曲が3枚組セットで再発されました(→amazon.co.jp)。この録音を聴いて感じるのは、コリンズのシベリウス解釈の「確かさ」です。どこが「確か」かというと、彼の音楽からはシベリウスの楽譜に込めた「感情の動き」がきちんと伝わってくるのです。ただ「フォルテ」と「ピアノ」と描き分けるだけの演奏とも、ひたすら「泣き」の入った感情的な演奏とも違う、「喜怒哀楽」の感情の流れがあります。その感情の流れがまた自然で、ピタっとはまっているのです。作曲家の喜び、落胆、そして孤独がしっかり音として表現されてるような、そんな演奏です。
 彼の音楽の中には、舟の影がはっきりと、見て取れるのです。

(参考)
Michael Tucker. Northbound: ECM and 'The Idea of North'. Horizons Touched - The Music of ECM - . Granta Books. England. pp.29-34.

|

« 音に触れた日 | Main | エルガー生誕150周年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 舟はどこへいった:

« 音に触れた日 | Main | エルガー生誕150周年 »