« ブッシュ大統領 「星条旗よ永遠なれ」を指揮する | Main | あの時君は若かった »

2007.05.20

ほんとにあった怖いオーケストラ

 エジンバラには、「ほんとに怖いオーケストラ」(The Really Terrible Orchestra:以下「ほん怖オケ」)という名前のアマチュア・オケがあるそうです。

 それにしても随分思い切った名前の付け方ですが、どうしてこんな名前になったのでしょう。よくわからないので地元紙による密着レポートオケの公式サイトを覗いてみると、どうやらこの楽団は、少し楽器をかじった程度のアマチュアたちのみで構成されたオーケストラのようです。「楽器は持ってる。音なら何とか出すことができる。でも人様の前でお披露目するのがほんとに怖い」と感じてる人たちに、コンサートの舞台に立つチャンスを与えよう、というわけです。アレグザンダー・マコール・スミス(彼の本業は小説家で、「No.1レディーズ探偵社」シリーズなど日本語訳本もある。オケではコントラファゴットとユーフォニウムを担当)らにより1995年に結成された「ほん怖オケ」の演奏水準は(当然ながら)決して高くはありません。公式サイトをクリックすると、ホントに恐ろしい「イエロー・サブマリン」が流れてきます(彼らが「世界最悪のアンサンブル」を自認するのも頷けます)。しかしまさに「ずぶの素人」である楽団員たちは、自分たちの技量に合わせた楽曲(ポップスの編曲やオリジナル作品)を真剣に練習し、真剣に演奏します。マコール・スミスが自著のプロモーションのためのツアーに「ほん怖オケ」を帯同させたこともあり、彼らの活動は徐々に地元で注目を集めるようになりました、今月「ほん怖オケ」はエジンバラ城に招待客を招いてコンサートを行いました。さらに今年11月にはロンドンはカドガン・ホールでも公演を行うことが決定しています(参照:pdfファイル注意!)。
 楽団員に東京出身の日本人(Yumiko Iwataさんという方らしい)が所属していることも含め、今後の活動が「ほんとに」気になるオーケストラです。

(参考)
Scotsman. All the right notes, but... (May 18, 2007)

|

« ブッシュ大統領 「星条旗よ永遠なれ」を指揮する | Main | あの時君は若かった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ほんとにあった怖いオーケストラ:

« ブッシュ大統領 「星条旗よ永遠なれ」を指揮する | Main | あの時君は若かった »