« ほんとにあった怖いオーケストラ | Main | 「武生国際音楽祭2007」の詳細が公式サイトに »

2007.05.23

あの時君は若かった

 先日実家のレコード棚をゴソゴソ漁っていたら、今のクラシック音楽界をリードするアーティストたちが、若い頃に残したアルバムが何枚か出てきました。手に取れば、ジャケ写に見る彼らの姿は皆若々しく、溌剌としていました。私は「みんなこんな時代があったんだなぁ」などと感慨にふけりながら、つい長々と眺めておりました。このエントリでは、巨匠たちの青年時代を収めたアルバムジャケットを紹介します。

 まず最初はこちらから。

Gershwin_live_mtt

 ティルソン・トーマス若っ!そしてハンサム!(もちろん今でも男前ですが)。黒い蝶ネクタイが決まっています、まるでレッド・カーペットの上を今から歩き出しそうです。ちなみにお隣は「女性ジャズ・ヴォーカリスト御三家」の一人、サラ・ヴォーン

Tateno_sibelius_2

 次は病気による活動中断を乗り越え、今なおピアニストとして「オンリーワン」の活動を続ける館野泉さんの若かりし頃の姿です。凛とした立ち姿ですね。ユニークな形のネックレスもアクセントが利いています。

 次は指揮者のジェームス・レヴァインです。

Levine_mahler_7

 ジミー照かってるよジミー(笑)。

 脂ぎったジャケ写(正確には「裏ジャケ写」)と正反対に、レコードの溝に刻まれた演奏は実にクールだったというのも興味深いところです。

 では次をどうぞ。

Beroff_visions_fugitives

 顔だけ見れば一瞬誰か分かりにくいですけど、彼はピアニストのミシェル・ベロフです。整えられた髪型といい、青いセーターといい、どこか「レトロポップ」な装いのベロフ様には、花を添えておきます(笑)。

Zimerman_brahms_sonatas

 もの憂い気なカメラ目線でこちらを見つめるのは、若き日のクリスティアン・ツィメルマンです。現在のお姿との余りの違いに軽い眩暈すら覚えますが、ともあれ見事な「貴公子」っぷりを漂わせているツィメルマン様には花を(笑)。

 次で最後です。作曲家兼指揮者のエサ=ペッカ・サロネンです。

Salonen_lutoslawski

 同性が見てもつい見とれてしまうほどの美形です。「紅顔の美青年」というのは彼のことを指すのでしょうか。これは見事なポートレートです。しかしこの麗しいジャケ写で、収録曲がどうしてルトスワフスキ「交響曲第3番」なのか、やや「謎」です。でも彼の柔らかなその表情、その眼差しにクラッと来た方もおられるのではないでしょうか。これは花ですよ花(笑)。

Salonen_lutoslawski_flower

失礼いたしました…。

---------------
(Reference)
1. "Gershwin Live!" Michael Tilson Thomas, Sarah Vaughan & Los Angels Philharmonic. CBS SONY, 25AP 2598
2. "Sibelius Piano Pieces" Izumi Tateno (piano). TOSHIBA EMI, AA-8888
3. "Levine conducts Mahler" Mahler: Symphony No.7. James Levine & Chicago Symphony Orchestra. RCA, RCL-7001/2
4. Prokofiev: Visions Fugitives & Kabalevsky: Piano Sonata No.2. Michel Beroff (piano). TOSHIBA EMI, EAA-80071
5. Brahms: Piano Sonatas No.1&2. Krystian Zimerman (piano). DG, 2531 252
6. Lutoslawski: Symphony No.3 & Les Espaces du Sommeil. John Shirley-Quirk (baritone) Esa-Pekka Salonen & Los Angels Philharmonic. CBS Masterworks, IM 42203

|

« ほんとにあった怖いオーケストラ | Main | 「武生国際音楽祭2007」の詳細が公式サイトに »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あの時君は若かった:

« ほんとにあった怖いオーケストラ | Main | 「武生国際音楽祭2007」の詳細が公式サイトに »