« 新国立劇場のオペラ 愛称は「オペラパレス」 | Main | フェスティバルホールの思い出 »

2007.04.02

【演奏会レポ】小栗まち絵 ヴァイオリン・リサイタル

(曲目)
1.バッハ:ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタト長調 BWV1021
2.同:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調 BWV1006
3.イザイ:子供の夢
4.同:無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番イ短調
5.貴志康一:竹取物語
6.同:花見
7.グリーグ:ヴァイオリンソナタ第2番ト長調 Op.13
(演奏)
小栗まち絵(ヴァイオリン)児嶋一江(ピアノ)
(2007.3.31 神戸新聞松方ホール)

 どんな芸事でも、その道を極めた方の「技」に接すると、思わず襟を正さずに居られなくなるものですが、私にとってこの日のコンサートがまさにそれでした。小栗先生の演奏を聴いているうちに、最初は猫背だった私の背筋が「ピンッ」と伸びていくのが自分でも判るんですよ。それほど小栗先生の演奏には、普段私が耳にするものと明らかに違うワンクラス上の「本格感」、そして「上質感」がありました。それにしても小さな提琴から、かくも豊かで広がりのある音を出せるとは…。一文字で言えば「巧」ということになるのでしょうが、まさに一芸に秀でた者でしか表現できない類の「究極の技」に触れたような気がします。
 この日はどの楽曲も楽しめたのですが、白眉といえばバッハ、ということになるでしょう。ナチュラルで力みが無く、そして倍音成分も豊かなヴァイオリンの音はまさに「無為自然」を実感させるものでした。そのあとのイザイの作品では、より感情表現豊かなサウンドへと変化させることで、バッハとの音楽様式の違いを際立たせていました。休憩後貴志康一の小品に続いて演奏されたグリーグではもう少しノルウェーらしさを求めたいところでしたが、それでもホール一杯に鳴り響く豊潤なヴァイオリン・サウンドを経験しただけでも「今日はわざわざ会場まで足を運んで良かった」と、心から実感しつつ帰路につくことができました。

|

« 新国立劇場のオペラ 愛称は「オペラパレス」 | Main | フェスティバルホールの思い出 »

Comments

We're a group of volunteers and opening a new scheme in our community. Your site offered us with valuable information to work on. You've done a formidable job and our entire community will be thankful to you.

Posted by: minneapolis population | 2014.04.14 06:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【演奏会レポ】小栗まち絵 ヴァイオリン・リサイタル:

« 新国立劇場のオペラ 愛称は「オペラパレス」 | Main | フェスティバルホールの思い出 »