« ジョシュア・ベルに「あっぱれ!」 | Main | 武生国際音楽祭2007 »

2007.04.20

美しい豪華な装丁で作られたアルバム

Lipkind_miniatures_1 私の最近の「お気に入りCD」のひとつに、ガヴリエル・リプキンのチェロ小品集「Miniatures & Folklore」(edel classics, 0016142GLP; →@TOWER.JP)があります。まずはモシュコフスキの「ギターレ」でさりげなく始まりますが、ここで油断は禁物です。この次のヴィエニャフスキ「スケルツォ・タランテラ」で「ゲゲッ!」、ポッパー「妖精の踊り」(Track 14)で「オヨヨ!」、そしてブラームス「ハンガリー舞曲第1番」で「アチャー!」と、リプキンの超絶テクの数々にはサプライズしっぱなしです。それ以外にも(チェレプニン「だったん人の踊り」やグラズノフ「アラビアの旋律」といった)珍曲や、個人的には初耳の作曲家の作品も何曲か収録されていたりして、中身はなかなかバラエティに富んています。ラストの(オリジナル以上に中国風な)「中国の太鼓」も秀逸ですし、最後まで飽きることなく聴き通すことができるアルバムです。

 さてこのリプキンのアルバムにはもう一つ特徴があります。アリアCDでも触れられていますが、パッケージングがなかなか凝っているのです。以下写真付きで紹介します。

Lipkind_miniatures02_1

 カバーの中には(ありふれたプラケースでなく)特製ブックレットが挿入されています。

Lipkind_miniatures03_1

 ブックレットの表紙の裏面に挟み込まれる形で、CDが収納されています。

Lipkind_miniatures04_1

 パッと見、エッセーでも書かれていそうなブックレット。紙質も悪くありません。

|

« ジョシュア・ベルに「あっぱれ!」 | Main | 武生国際音楽祭2007 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 美しい豪華な装丁で作られたアルバム:

« ジョシュア・ベルに「あっぱれ!」 | Main | 武生国際音楽祭2007 »