« ついにノーマン・レブレヒトもブログを始めた!! | Main | 似ているジャケ写 »

2007.03.24

YouTubeで見るアメリカ現代音楽

みなさんこんにちは、「おかか1968」です。私事で恐縮ですが、どうも最近文章がうまく書けなくて(もっとも「うまく書いた」記憶もあんまり無いのですが)…。実は「書きたいこと」はいろいろあって、実際にパソコンに向かって書いてみるのですが、なかなか「オチ」がつかないというか、上手くまとめられないのです。今の私は若干スランプ気味なのかもしれません。
というわけで、今日は久々にYouTubeネタやります(笑)。ここには20世紀音楽の動画もけっこうあったりします。YouTube内での人気作曲家ベスト3を挙げるとしたら、メシアンリゲティ、そしてクセナキス、といったところでしょうか。
さて今回はアメリカの作曲家に焦点を絞って、興味深い動画を紹介します。

【フィリップ・グラス】
「ルーブリック」(御伽めぐり)
「浜辺のアインシュタイン」より「列車~宇宙船」その1)(その2
「浜辺の~」のライブ映像はなかなか貴重。グラスの陶酔しきった表情が印象的。

【スティーブ・ライヒ】
「ナゴヤ・ギターズ」(「ナゴヤ・マリンバ」の編曲版)
「クラッピング・ミュージック」

後者はナント!ジャグリングで演奏している。お見事(笑)。

【テリー・ライリー】
テリー・ライリー 70歳記念演奏会から(一部)
ライリー尊師の健在ぶりを示す映像。

【フレデリック・ジェフスキ】
「不屈の民」変奏曲からその1その2
全曲演奏じゃないのが残念。

【ジョン・ケージ】

「ホロコーストの名の下に」
演奏しているのは、トイピアノで有名なマーガレット・レン・タンですね。

【ヘンリー・カウエル】
「交響曲第13番・マドラス」
第2楽章の「いかにも」っぽいエキゾチズムに吹いた(笑)。

【チャールズ・アイヴス】
「パットナム将軍の野営地」の練習風景
学生オケを指揮するのは(意外にも)マイケル・ティペット。それにしてもこの少年少女たちは、ビートルズ、ツェッペリン、サイモン&ガーファンクルがチャートを賑わせた頃にアイヴスの怪作を演奏していたわけです。そう考えるとなんだかスゴイ。

(おまけ映像)

アメリカ音楽じゃないけど、一柳慧の「ピアノメディア」。ジョン・ケージの弟子でもあるし、ここで取り上げてもいいと思ったので。

それにしても気になるのが、この日本人っぽい男性ピアニストの腕の筋肉です。「演奏のため」というには過剰な筋肉が付きすぎてるような気がするのですが(笑)。ボディビルでもなさってるのでしょうか。でも結構弾けてるし。このルトスワフスキなども見事です。どなたかこの謎のピアニスト「Gen」についてご存知の方がおられましたら、コメント欄に情報をお書き添えください。

|

« ついにノーマン・レブレヒトもブログを始めた!! | Main | 似ているジャケ写 »

Comments

>Hayes様
情報ありがとうございます。早速私も拝見いたしましたが、もっと長く見たかったです…。DVDがあったら速攻で購入したくなりました(笑)。

Posted by: おかか1968 | 2007.03.29 23:09

アイヴスだとストコフスキー&セレブリエールの振る交響曲第4番もありますね。
http://www.youtube.com/watch?v=jIm9rCnY3IQ
http://www.youtube.com/watch?v=tPpeMsGs6IM

Posted by: Hayes | 2007.03.28 23:18

>モイーズ様
貴重な情報ありがとうございます。「いろんな伝説の持ち主」ですか…。
実は彼のYouTubeでの演奏は、英語圏のブログのいくつかで紹介されています。たとえばココ↓
http://johnsonsrambler.wordpress.com/2006/06/12/contemporary-classical-music-on-youtube/

Posted by: おかか1968 | 2007.03.24 12:10

平野弦さんという人らしいです。30代半ばの芸大出身者の方に訊くと、いろんな「伝説」をお持ちのようです。

Posted by: モイーズ | 2007.03.24 11:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference YouTubeで見るアメリカ現代音楽:

« ついにノーマン・レブレヒトもブログを始めた!! | Main | 似ているジャケ写 »