« YouTubeで見るアメリカ現代音楽 | Main | 「大○証券presentsドレスデン国立歌劇場」ブログを見る »

2007.03.24

似ているジャケ写

まず下の2枚のジャケ写をご覧下さい。

左はティーレマンのシューマン「交響曲第3番」、右はラトルの「ドイツ・レクイエム」のジャケ写ですが、よく見てくださいね…。なんか共通点があるような気がしませんか?

どうもこのジャケ写、同じ場所で撮影されたようなのです。この事実を暴露(?)したのは、音楽評論家ノーマン・レブレヒト氏です。彼はこのことを自身のブログで紹介したのですが、彼がそのエントリに付けたタイトルは「Who's been sitting on my bench?」(誰だ、俺の椅子に座ってるのは?)です。いかにも毒舌批評家で鳴らす彼らしいですね。
ところで、この写真は一体どこで撮られたのでしょう。ご存知の方がおられましたら是非情報をコメント欄にでもお寄せ下さい。

|

« YouTubeで見るアメリカ現代音楽 | Main | 「大○証券presentsドレスデン国立歌劇場」ブログを見る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 似ているジャケ写:

« YouTubeで見るアメリカ現代音楽 | Main | 「大○証券presentsドレスデン国立歌劇場」ブログを見る »