« サロネンの新作を聴く | Main | 【演奏会レポ】新倉瞳 チェロ・リサイタル »

2007.02.24

ジョイス・ハットーのホンモノの録音

 えー読者の皆様、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」先行発売はいかがだったでしょうか。なんか発売開始から最初の30分がものすごく繋がりにくくて慌てましたが、それからは割とスムーズにアクセスできるようになりましたね。とりあえず今日一番の大仕事を終え「やれやれ」といったところです。
 ところで2ちゃんねるでもスレが出来るほど話題となっている、ジョイス・ハットーの録音を巡る一連の騒動(アメリカでは、ニクソン元大統領の疑獄事件になぞらえ「Hattogate」[ハットーゲート事件]と呼ばれている…)ですが、Wikipedia英語版には、若き日のハットーが「本当に」演奏したと思われるレコーディングのリストも掲載されています。
 さてこれとは別にネット上で色々とサーチしていたら、かつてテイチクから発売された「Classic Best Collection Series」シリーズの中に、ジョイス・ハットーの名前がクレジットされたCDを見つけました(参照)。ジョージ・ハースト指揮プロムジカ交響楽団との共演によるラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」は、上記ウィキペディアにも載ってますし、どうやらこれはハットー自身の演奏の可能性が高そうです。となると俄然聴いてみたくなるのがクラヲタの悲しい性です。誰かこのCDを持っておられる方がおられましたら「頂戴!」とは申しませんので(笑)、感想をコメント欄にでも書き込んで頂けるとありがたいです。

|

« サロネンの新作を聴く | Main | 【演奏会レポ】新倉瞳 チェロ・リサイタル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジョイス・ハットーのホンモノの録音:

« サロネンの新作を聴く | Main | 【演奏会レポ】新倉瞳 チェロ・リサイタル »